ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ストレスチェック義務化対策システム
ここから本文です。

ストレスチェック義務化対策システム

ストレスチェック義務化対策

・制度対応に必要な機能をサポート
・メンタルヘルス不調の未然防止
・従業員のストレス状況の改善

企業規模 業種
中堅・中小企業 業種共通

主要サービス一覧

機能 サービス名 詳細リンク
労務リスク分析サービス ストレスチェックを伴った
労務環境改善システム
詳細
従業員によるセルフケアサービス メンタルヘルス対策支援システム 詳細

ストレスチェック義務化で押さえておきたい【7つのルール】

  1. 従業員50名以上の事業場では、年1回“ストレスチェック”を実施する
  2. ストレスチェックは“直接雇用している従業員”が対象
  3. 従業員は「ストレスチェックの受検」を選べるように
  4. ストレスチェックは「企業がやってはいけない」
  5. 企業は社員1人ひとりのストレスチェック結果を見てはいけない
  6. 「集団の分析結果」から、早めの対策を
  7. ストレスチェックの結果は、5年間保存
ストレスチェックの義務化とは?

ページの先頭へ戻る