Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

コンセプト -適正化在庫ソリューション

適正化在庫ソリューションは、「在庫補充型」をコンセプトとしたソリューションです。

「需要予測型」と「在庫補充型」のちがい

適正化在庫をキーワードに据えたソリューションは、『需要予測』型と『在庫補充(発注支援)』型の2種類に分類することができます。

需要予測型

 
在庫補充型
メーカーの生産/
販売計画・在庫計画
小売業、卸売業の
発注計画・在庫計画

 


適正化在庫ソリューションは、『在庫補充型』になります。

需要予測型の特長   在庫補充型の特長
  • 過去実績を基に複雑な計算ロジックで、未来の販売動向を予測する
  • 準備されたシナリオの豊富さと、入力パラメータの多様さが鍵
  • 複数のシナリオから算出されたOutputを、人間が判断せねばならない
  • 予測パラメータは、多様に準備されている。全てのパラメータの入力が必須であり、値の精緻さが重要となる。
  • InputおよびOutputが複雑でるために、週次以上のスパンで運用される傾向がある
 
  • 過去実績を基に、一定の計算ロジックで直近の発注勧告数を算出する。
  • 現場要求に応える業務サポート機能の実装が鍵
  • メンテナンスフリーに近い状態で運用することが可能である。
  • 限定されたパラメータと実績データをInputとしている。透明度の高い計算ロジックが、重要となる。
  • 例外処理を特定して、負荷を軽減する工夫を施しながら、ほぼ自動運用される傾向がある。

Share: