ページの先頭です
本文へジャンプする

本ウェブサイトでは、Javascriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。



ここから本文です

サイト内の現在位置を表示しています
ホーム > ソリューション・サービス > RFID活用ソリューション > ソリューション一覧 > 技術情報漏えい対策ソリューション

技術情報漏えい対策ソリューション

国内のPDM(Product Data Management:技術情報管理)ソフトウェアでトップシェアを有するNEC製「Obbligato II(オブリガート・ツー)」と、NECが得意とするRFIDシステムを組み合わせたソリューションです。

こんな課題でお困りではありませんか?

  • 情報の共有、コラボレーションを促進すると、情報流出の危険が高まるのでは?
  • 電子データはシステムで管理できるが、現品・モノは個人任せになってしまう。「データ」と「モノ」を一括管理したい。

技術情報漏えい対策ソリューションではこう解決します

管理が必要な機密情報(モノ、データ)を統合管理

現品自体或いは「通い箱」等にRFIDタグを付けて個々のIDを付与する事で、従来のPDMソフトでは管理対象外であった現品の管理を可能にし、「モノを含めた統合的なセキュリティ管理」を実現します。所属プロジェクト・部門・役職などに応じたアクセス制御や、「閲覧中」「返却済み」などのステータス管理もでき、機密情報漏洩の防止や現品棚卸し管理の効率化が可能。製品に関わる全ての情報をトータルかつきめ細かに管理する事ができます。

認証システムとの連携で、強固な開発情報の管理を実現

社員ICカードを利用した入退出管理システム、機密現品を保管する部屋や棚に設置する監視カメラ、警告灯などと「技術情報漏洩対策ソリューション」を連携する事で、より強固な技術情報管理が可能となります。お客様のセキュリティポリシーや運用に合わせてオプションを組み合わせたシステム構築が行えます。

技術情報漏えい対策ソリューションを導入するとこうなります

特定プロジェクトに参画している担当者が、機密保管室に入る際にはIDカードによる入退室管理を実施。その社員のID・所属プロジェクト・現品の関連性が「ObbligatoII」でチェックされ、無用なユーザーの立ち入りを制限します。また関連プロジェクトに関係する資料やサンプル品を持ち出す事は可能ですが、他のプロジェクトに関連する物を持ち出そうとした際には、警告灯が点滅し、管理者にアラームで通知されます。

導入イメージ

技術情報漏えい対策ソリューション

主な製品・サービス

WebOTX RFID Manager

RFIDを利用したシステムの効率的な構築/運用を実現するRFID管理ミドルウェア。

Obbligato II

設計図面や部品表など製品開発に関わる様々な技術情報を製品ライフサイクル全体に亘って管理するPDMソフトウェア。

RFIDリーダライタ/RFIDタグ

RFIDリーダライタ

世界標準EPCglobal UHF Gen2規格に完全準拠したリーダライタ。読み取り範囲の拡大、高速読み取り、高認識率を実現。

RFIDタグ

国際物流に対応可能な広帯域のアンテナ特性を装備。お客様の用途/環境/貼付対象物に合わせたカスタマイズが可能。

関連ソリューション

PLMソリューション

メカ設計/ソフト開発の領域、企画段階から調達/生産/販売/品質/サービスに至るまでのものづくりのあらゆるフェーズで、お客様のニーズにあった最適なソリューションを提供します。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

イベント・セミナー

イベント・セミナー
NECが主催するイベント・セミナー情報はこちら。


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る