ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > RFID活用ソリューション > ソリューション一覧 > 持出管理ソリューション
導入事例 ANA様
ページ共通メニューここまで。

持出管理ソリューション

資料請求・お問い合わせ

title_image

資産やモノの動きを自動的に可視化し、管理業務の合理化を実現します。

会社の備品、コンテナやパレット、商品などの移動状況を徹底して管理。
持出し・持込みの状況管理、現品照合などを自動的に実行し、誤った持出しなどの行為をアラート通知で未然に防止します。
さらに、RFIDゲート通過時に複数の物品を読み取ることで、資産やモノの管理業務を効率化し精度を高めます。

特長

写真:RFID PassCheker ソリューションイメージ

「いつ」「誰が」「何を」といった持出し・持込み履歴を自動収集・管理します。

図:持出し・持込み履歴を自動収集・管理

 物品にRFIDタグを添付し、出入口などの要所にRFIDゲートを設置することで、通過した物品、時刻、通過者 のログ情報を自動的に収集、一元管理します。物品の所在をリアルタイムに把握でき、収集したログ情報を 必要に応じて、さまざまな確度から検索・参照ができるため、物品の紛失などの原因追及が可能です。

人手による管理を自動化。台帳の記入漏れなどの人為的ミスが激減します。

従来人手に頼っていた物品の現状管理も持出管理ソリューションの採用で、24時間365日のモニタリングが可能になり、業務を効率化するとともに人為的なミスを予防できます。特に物流・倉庫業では多種多様な製品・部品などの入出庫や配送履歴を自動収集できるため、台帳管理やトレース管理業務の精度が格段に向上します。

持出し可否を自動判定。人への警告と同時に関係者にも通知します。

許可されていない物品がRFIDゲートを通過した場合、パトランプ点灯や ディスプレイへの警告画面表示で誤った持出などの行為を防止します。また、非許可の持出やハードウェア故障発生時は、設定された関係者へのメール通知により、発生したトラブルへ迅速に対応することが可能です。

システム構成

据置き型

図:据え置き型システムイメージ

ゲート型

図:ゲート型システムイメージ

新しいウィンドウでリンクを開きます。動作環境

新しいウィンドウでリンクを開きます。製品仕様

新しいウィンドウでリンクを開きます。オフィス向け運用イメージ

新しいウィンドウでリンクを開きます。物流・倉庫業向け運用イメージ

関連リンク

(2010年2月15日現在)

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.