ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 採用情報
  4. 障がい者採用
  5. 先輩社員からのメッセージ
ここから本文です。

先輩社員からのメッセージ

現在、NECで活躍する先輩社員の声をお届けします。

障がいに応じた配慮はいたしますが、他の社員同様、責任ある仕事を担当しています。
彼らの姿に、自分が何をしたいかを重ね合わせてみてください。

きっと自分にあった仕事がみつかると思います。

想像もしていなかった未来が今ここにあります

鈴木 雄策
キャリアネットワーク
企画本部
(NTT企画グループ)
2005年入社
聴覚障がい

学生時代は、企業倫理のゼミに所属していたため、昨今、企業不祥事が頻繁に起こるなか、自分の会社に誇りを持ってずっと働きたいという思いが強くありました。また、新たな社会インフラとなるIT関連の会社にも興味があり、その中で、出会ったのがNECです。

現在は、NTTグループのお客さまを対象にした営業事業部に所属し、予算管理業務に携わっています。入社して1年も経たないうちから、何百億、何千億もの予算作成に関わり、常に最新の数値を最速で報告することが求められています。特に今は、光通信ネットワークの大変動期にあり、そのインフラを担っているのがNTTグループです。こんな魅力的なお客さまを対象に、大々的、挑戦的な事業計画に関わることは、大変ですが非常にやりがいのある仕事です。

私も、入社前は様々な不安を抱えていましたが、NECでは個人個人を重視した人材育成をしっかり行っているので、どんどん能力開発ができ、自信をつけることができました。その一例として、3週間渡米し、英語やプロジェクト管理の勉強を行ったことが挙げられます。厳しい環境の中で、失敗してもいいから挑戦してみなさいと、自らの可能性を広げる機会を与えてもらえたのです。また、不安なことがあっても、すぐに上司、先輩に相談することができ、その結果、聴覚障がい者用の機器を貸してもらえるなど、まさに入社前に想像もできなかった、充実した日々を送ることができています。

就職活動では、様々な情報に振り回されることが多いと思いますが、とにかく、最初から決め付けたり諦めたりしないで、「やってみなければ、わからない」という気持ちで熱意を持って行動することが大事だと思います。多くの出会いの中で、その熱意をしっかりと伝えながら、自分らしい就職活動を頑張ってください。就職活動は、人間的に成長する貴重なチャンスでもあるのですから。

大学での専攻とは全く関係のない世界へ。研修制度が整っているから学ぶ気持ちがあれば大丈夫です。

大田 麻衣
官公グローバル
ソリューション事業部
2006年入社
上下肢障がい

大学の専攻はスポーツビジネスだったので、専攻とは全く関係のない会社に入社したことになります。ただ、もともとコンサルティングには興味があったので、提案型のビジネスに関われたのはよかったと思います。就職するのなら、研修制度や福利厚生がしっかりしている大きな会社に入社したいと思っていたので、その希望がかない、満足しています。

現在はSEとして海外の官公庁を対象とする指紋システムの部署にいて、指紋や顔による照合システムのソリューションエンジニアリングに携わっており、さまざまなお客様の要望や要求を分析し、最適なシステムデザインを考えていきます。

入社以来、何カ国ものシステムを担当しました。海外出張も多く、それが長期におよぶことも少なくありません。お客様や一緒に作業する現地メンバーが海外なので、業務が円滑に進まないこともありますが、そのような中でシステムが順調に稼動しお客様に満足していただけたときはホッとしますし、そこにやりがいも感じます。

これまで指紋照合システムの構築や保守に携わってきた経験を生かして、今後は、他システムとの連携やお客様の業務を考慮したうえで、最適なシステムデザインを提案できるSEになりたいです。また、指紋認証システムの海外普及を通じて世界中にNECをもっと知ってもらいたい、そのために努力したいと思っています。

私のように大学での専攻が業務と直接関係なくても、学ぶ気持ちがあれば大丈夫です。研修制度が整っていて、仕事を遂行する上での知識・スキルはしっかりと身につけることができます。自分が希望した研修も受講でき、キャリアアップの機会は豊富に用意されています。ぜひ応募してみてください。

やりたいことが出来るのは大事。でも、働きやすさはもっと大事!

高野 七美
キャリア営業本部
2008年入社
聴覚障がい

携帯電話に興味があり、開発に携われればと思い携帯電話メーカーを中心に就活をしていました。どの企業も障がい者雇用を導入していましたが、その中でも一番力を入れていて、面接での雰囲気も一番良かったのがNECでした。

現在の部署はKDDI、SoftBankなどキャリア(通信事業者)をお客様とした営業部門です。私はその部門の経費の予算作成や実績の管理をしています。新しい部門なので、過去の実績がなく試行錯誤の毎日でしたが、逆を言えば、ここで自分がしたことが後々に影響を及ぼす実績となるともいえます。そう思うと責任は重いですが、それがやりがいにもつながります。資格取得のサポートや研修制度も充実しているので、自分のペースでスキルアップも図れます。

また、NECは一人ひとりの社員を非常に大切にしているなと感じます。半期ごとに上司と相談出来る場が得られ、今後、自分がどうすべきか、どうありたいか、過去を振り返りながら目標を立てていくことで自分を成長させていきます。

文化体育活動も活発で、私は手話サークルに所属しゼロから手話を学び始めました。他にも労組主催のビアフェスタやボーリング大会、社内のジムでピラティスなどのイベントもあるので アフター5もバッチリです。

自分がやりたいことを実現できそうな会社を探すことも大事ですが、働きやすい会社を探ることも大事です。自分の障がいについて、何が出来ないのか、どんな配慮が必要なのかを的確に伝えて下さい。また、出来るだけ多くの方々と話をしてみて下さい。その数だけ情報が得られ、より充実した就職活動になるはずです。NECは就職活動の段階で、先輩社員と話せる機会が得やすいと思います。是非、人事担当者へお願いしてみて下さい。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る