ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. メッセージ - 学生の皆さんへ -
  5. 西原 基夫
ここから本文です。

西原 基夫

世界トップレベルのAIをネットワークでつなぐ革新的な社会ソリューション

日本電気株式会社 執行役員(中央研究所担当)
西原 基夫 (にしはら もとお)

入社以来、ネットワーク、セキュリティ、コンピューターシステムの各領域で製品開発・研究開発に幅広く従事。システムプラットフォーム研究所所長、クラウドシステム研究所所長を経て、2016年4月に執行役員就任。

データサイエンス、ICTプラットフォーム、セキュリティ技術を活かした社会ソリューションのサービスプロバイダー

NECはいま「社会ソリューション」をビジョンに掲げています。そのためには、グローバルに広がる複雑な社会課題を、スピード感をもって解決していかなくてはなりません。No.1のコア技術の開発に加えて、お客様やパートナーの方々と「共創」して社会ソリューションを創り出していくことが私たちのミッションです。
いま大きな話題となっているAI(人工知能)の分野においても、研究は進んでいます。先日「NEC the WISE」という技術ブランドを立ち上げましたが、もともとNECはこの分野の先駆者であり、世界No.1*の顔認証や自然言語処理を代表とする情報収集技術、そしてその情報を分析して価値を読み解くデータマイニング、さらにはこれらの技術を支えるICTのプラットフォームやセキュリティにいたるまで、非常に広い領域で世界トップレベルのコア技術をもっています。
ただし私たちがめざすAIは、ある特定の行動や競技に長けた「一人の天才」ではありません。実社会では、社会課題を解決するために多様な人間や組織が連携していますよね。NECがめざすのも、そのようなAIです。特性の異なるAIをいくつも安全にコミュニケートさせて、私たちをアシストしてくれる存在。これは、データサイエンスの技術だけでなく、効率の良いコンピューティングプラットフォームや、SDN (Software-Defined Networking)をはじめとした強いネットワーク技術、セキュリティ技術をもつNECだからこそ可能なソリューションですよね。何かに特化した飛びぬけたAIを一つ作って終わりということではなく、実際に社会課題にアプローチするサービスを継続的に提供するサービスプロバイダーをめざしています。

  • 米国政府機関主催のコンテストの結果

研究開発からスタートアップまで一貫して実現できるスケール感

NECにおける研究の魅力の一つは、研究所がグローバルでバラエティに富んでいるという点です。AIやデータサイエンスにおける世界トップクラスのコア技術研究を進める北米研究所、ネットワークやIoTの技術および標準化に強みをもつ欧州研究所、政府とともに先鋭的なソリューションを進めるシンガポール研究所、中国市場をターゲットとしてソリューションを創出する中国研究院など、特徴ある研究所のメンバーがそれぞれの技術や知恵を出し合って社会ソリューションに取り組んでいます。実際に、日本の研究所、北米研究所、欧州研究所、中国研究院、シンガポール研究所などからそれぞれメンバーを集めてバーチャルにチームが編成されるということもよく見受けられます。日本だけでなく、「NEC Laboratories」というくくりで、各人材が流動的に連携しているわけですね。
もう一つの魅力は、コア技術の研究から事業化までを世界中の大きなフィールドで展開できる点です。社会ソリューションを展開するためには、まずお客さんと連携しながら最初の「One(ワン)」を構築して、POC(Proof of Concept)を確保するわけですが、この最初の実証の部分は、研究所にかなり大きな権限を任されています。ですから、NECの研究者はコア技術の研究をするだけでなく、最初の実用化まで行うことができるんですね。これは、スタートアップやベンチャー立ち上げのような意欲のある人には、大きなやりがいを感じていただける環境だと思います。NECがもつマーケットチャネルや資金を使いながら、グローバルなフィールドで実用化できる機会が山のようにあるのが、私たちの研究所です。NECならではの広いフィールドで、ぜひ思いきり活躍してほしいと思っています。

大切なのはNo.1技術とオープンマインド、そしてビジネスへの意欲

これからを担う研究者のみなさんにめざしていただきたいことは、三つあります。
一つは、グローバルなNo.1をめざしてほしいということ。No.1を確立することで、自然と他の研究者やパートナーとの連携が広がっていきます。仕事もどんどんふくらんでいくはずです。
二つ目は、グローバルなオープンマインドです。自分の強みを確立したうえで、他者の技術であってもそれが良ければ、どんどん自分のなかに取り入れていこう、連携しようという姿勢こそが重要です。英語が話せるとか話せないだとかという問題よりも、オープンマインドを持って他の研究者やお客様と連携して「共創」できるかどうかということの方が、非常に重要な資質だと考えています。
三つ目は、研究開発をただひたすらと進めるだけではなく、それを実用化して事業にしていくビジネスへの意欲を持ってほしいということですね。事業化まで行えるNECでの研究を思いきり楽しんでもらいたいです。
この三つがあれば、もうどこの企業や社会にいこうが、組織に大きく貢献できる研究者になれると思います。
ただ、この三つすべてを自分で背負い込まなくてもいいんです。分担すればいい。私はコア技術の部分は得意だけど、ビジネスの部分は彼にやってもらうだとか、そういった多様性もあっていいんです。連携しようというマインドさえあれば、仕事はできるわけですから。私たちも、この三つがそろったスーパーマンだけを求めているわけではありません。バランスをもって、それぞれに貢献できる人。NECは、そういうマインドの研究者をアシストする環境がありますし、ぜひいっしょに仕事をしていきたいと思っています。

ページの先頭へ戻る