ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 注力技術領域
  5. エネルギー
  6. リチウムイオン二次電池・蓄電システムマネジメント
ここから本文です。

リチウムイオン二次電池・蓄電システムマネジメント

NECでは、太陽光発電などの再生可能エネルギーが広く普及した次世代エネルギーインフラにおいて重要となる環境・エネルギーシステムのキーデバイスである高性能、高安全、長寿命なリチウムイオン二次電池、および、蓄電システムの制御技術の研究開発を推進しています。蓄電池は、エネルギーの効率的な「貯蔵」「使用」を可能にする充放電制御技術、組電池をバランス良く使用するためのバランス制御技術、電池から得られる直流電力を効率よく交流電力に変換し系統に繋げるための電源制御技術などで支えられています。

ビジネス展開例

リチウムイオン二次電池

NEC中央研究所は、Ni混合Mn系正極と独自電解液のコア技術(特許保有)を開発し、電気自動車およびハイブリッド自動車用の大型電池を世界に先駆け実用化しました。
また、本大型電池の量産技術の活用による低コスト化と更なる高安全化・長寿命化により、定置型蓄電池システム用途などの電池の開発を進めました。現在はさらに、高エネルギー密度を持つ次世代電池の開発にもチャレンジしています。

エネルギー密度を30%向上し、大容量化・軽量化を実現

マンガン系リチウムイオン二次電池の高電圧動作を実現する正極と、高電圧動作時の安定性を向上した電解液を開発し、電池を試作しました。この電池は安全性を維持しながら、エネルギー密度を約30%向上し、大容量化・軽量化を実現しており、電気自動車の航続距離の延伸、蓄電システムの軽量化、セル数の低減によるバッテリーシステム管理の簡易化などに貢献します。また、高電圧駆動ながら、従来の4V系リチウムイオン二次電池と同等の長寿命も実現しました。

エネルギー密度を30%大容量化

蓄電システムマネジメント

NEC中央研究所は、太陽光発電などの再生可能エネルギーが広く普及した次世代エネルギーインフラにおいて重要となる蓄電システム、並びにその制御技術の研究開発を推進しています。蓄電池は、エネルギーの効率的な「貯蔵」「使用」を可能にする充放電制御技術、組電池をバランス良く使用するためのバランス制御技術、電池から得られる直流電力を効率よく交流電力に変換し系統に繋げるための電源制御技術などで支えられています。
特に、今後大容量化が進む蓄電システムの長寿命、安定性、安全性を実現する次世代バランス制御技術と、極めて高い電力変換効率を実現する電源制御技術の開発を進めています。

蓄電池システム構成

ページの先頭へ戻る