ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 注力技術領域
  5. 分析
  6. データマイニング
ここから本文です。

データマイニング

NEC中央研究所では、ビッグデータの隠れた規則性を発見し、異常検知・将来予測をはじめとする、社会システム・企業システムの様々な課題解決に活用する研究を進めています。具体的には、人間には手に負えない大規模複雑システムをターゲットにして、現状理解・将来予測にとどまらず、最適アクションのプランニングまで行うことを目指します。

NECのコア技術 : 異種混合学習技術

近年のビジネスでは、ビッグデータを分析して得られる知見を活用することが不可欠になりつつあります。しかしビッグデータは、異なるパターンや規則性に従っているデータが混在して収集・蓄積されていること(データの異種混合性)が多いため分析が難しく、そのため、データの異種混合性が非常に重要視されるようになりました。
そのためNECは世界初・独自のビッグデータ分析エンジンとして、観測データ中に混在する複数の規則性を、自動的に分割・抽出、高い精度と解釈性を両立する「異種混合学習技術」という技術を開発。

異種混合学習技術の特徴

異種混合学習技術は多種多様なデータに混在するデータ同士の関連性から、特定の規則性を自動で発見するとともに、分析するデータに応じて参照する規則を切り替えます。これにより、“単一の規則性のみを発見して、それを参照するような従来の機械学習”では分析が困難であった「規則性が変化するデータ」でも高精度な予測や異常検出が可能になります。

NEC独自のアルゴリズム技術

異種混合学習技術の応用例

  • 異種混合学習技術は、以下3つのソリューションをはじめとして、多くのお客様に提供されています。

日配品需要予測ソリューション

電力需要予測ソリューション

補修用部品需要予測ソリューション

また、株式会社大林組様では、人の動きや天候などのデータから電力需要を高精度で予測し、エネルギーの効率的な利用を実証。エネルギーの効率的な利用に役立っています。

TOPICS

2015/11/11
NECのAI関連事業強化が発表されました。
データマイニングTGは、Only 1、No.1のAI関連技術(異種混合学習技術、テキスト含意認識技術、予測型意思決定最適化技術)で社会ソリューションの実現を支えます。詳しくはプレスリリースをご覧ください。

2014/6/19
NECは「異種混合学習技術」を強化し、これまで高度なノウハウを持つデータ分析技術者が手動で行っていたプロセスを自動化することで、より大規模なデータの高速・高精度な分析を実現しました。
従来、分析対象のデータから規則性を発見するために分析技術者が手動で行う必要のあった、曜日や天気など条件による「データの場合分け」や、予測を行う上で重要となる「因子(注1)の組み合わせ」の試行プロセスを自動化する新たな分析方式を開発しました。これにより、従来人手では限界があった、数百万種の分析対象に基づく超大規模な需要予測(例:店舗・商品別の売上予測、エネルギー需要予測など)が可能になりました。
本技術の詳細はプレスリリースをご覧ください。

2014年6月、NECは「異種混合学習技術」を強化し、これまで高度なノウハウを持つデータ分析技術者が手動で行っていたプロセスを自動化することで、より大規模なデータの高速・高精度な分析を実現しました。  従来、分析対象のデータから規則性を発見するために分析技術者が手動で行う必要のあった、曜日や天気など条件による「データの場合分け」や、予測を行う上で重要となる「因子(注1)の組み合わせ」の試行プロセスを自動化する新たな分析方式を開発しました。これにより、従来人手では限界があった、数百万種の分析対象に基づく超大規模な需要予測(例:店舗・商品別の売上予測、エネルギー需要予測など)が可能になりました。  本技術の詳細はプレスリリースをご覧ください。

ページの先頭へ戻る