ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 注力技術領域
  5. ネットワーキング
  6. ネットワークプラットフォーム
ここから本文です。

ネットワークプラットフォーム

昨今、モバイル端末のブロードバンド化により、通信トラフィックが増大し、通信容量と通信帯域が逼迫してきています。また、また、クラウド化の進展により、大陸を跨いだ長距離・大容量の情報通信も増加してきています。
NEC中央研究所では、誰もが、いつでも、ストレスなく、確実につながる通信環境をめざし、周波数資源の優先割当・経路制御、電波制御の技術を中心とした無線ネットワークの技術、長距離・大容量の通信を光ネットワークの開発を進めています。

無線ネットワーク

無線ネットワーク

NEC中央研究所では、あらゆる環境下で安定した通信を提供することを目ざし、メタマテリアルの応用技術、デジタル無線送信システムの研究を進め、無線性能を維持しながら基地局・装置を小型化することを実現しています。

無線ネットワーク

メタマテリアルを応用した無線モジュールの通信性能向上・アンテナ小型化

ワイヤレス機器の急速な小型化に伴い、機器内部の電磁ノイズによって引き起こされる通信性能の低下が課題となっています。この電磁ノイズを抑制する新たな技術として、NECは独自に、「µEBG構造」と呼ぶ電磁バンドギャップ(EBG)構造を実現しました。
開発した小型アンテナは、人工材料「メタマテリアル」の構成要素の一種であるスプリットリング共振器を、アンテナの素子として採用したものです。スプリットリング共振器を多層に積み重ねることで、十分な電波の放射量を維持しながら、世界最小クラスのアンテナ素子を実現しました。また、共振器の形状を最適化することにより、機器組み込み時のアンテナ性能の変動を抑制すると共に、全方向に感度を有する電波放射特性を実現しました。

スプリットシンク共振器を用いた世界最小アンテナ

また、この世界最小クラスの高性能アンテナは、NECアクセステクニカ製のIEEE802.11ac準拠の無線ルータに採用され、高速通信において発生しやすくなる、ルータ内部の電磁波ノイズの遮断と小型化に寄与しています。本適用事例の詳細はこちらをご覧ください。

低消費電力と柔軟な周波数対応を両立したデジタル無線送信システム

NEC中央研究所は、通信事業者の無線基地局向けに、消費電力を従来比最大約30%(注1)削減しつつ、広帯域での柔軟な周波数対応も実現したデジタル無線送信システムを開発しました。
本システムでは、今回開発した高効率な信号変調方式で増幅器(アンプ)の小型化とともに低消費電力を実現し、放熱に必要な基地局の筐体を削減できるため、無線基地局のサイズを従来比最大約50%(注2)小型化可能となります。
これにより、通信事業者は無線環境に応じた最適な周波数に対応できる基地局を、低コストかつ高密度に設置可能となり、ユーザは混雑した場所や電波の届きにくかった場所でも動画の視聴や高速なデータのダウンロードなどが可能となるため、快適な無線通信を利用できるようになります。詳細はプレスリリースをご覧ください。

(注1: 当社の従来アナログ無線送信システムとの比較)
(注2: 当社の従来の無線基地局装置との比較)

光ネットワーク

世界的にスマートフォンや家庭での光ファイバ通信サービスなどの普及が進む中、大陸を跨いだ、より高速で大容量な通信ネットワークが不可欠になっています。NECは、光海底ケーブルのベンダーのシェアで世界トップ3の一社であることに加え、デジタルコヒーレント技術の開発などを進め、光通信の更なる長距離化・大容量化に向けた研究を進めています。

100ギガビット級の超高速光伝送システムをデジタルコヒーレント技術の開発で実現

NEC中央研究所は、NTT未来ねっと研究所および、富士通、三菱電機とともに、デジタルコヒーレント技術の実用化開発に取り組み、毎秒100ギガビットの光信号を受信後にデジタル信号に変換し瞬時に処理するデジタル信号処理回路(DSP)の技術開発を成功。100ギガビット級超高速光伝送システムの実用化を世界に先駆けて実現しました。

デジタルコヒーレント

ページの先頭へ戻る