ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 研究所紹介
  5. システムプラットフォーム研究所
ここから本文です。

システムプラットフォーム研究所

中村 祐一
システムプラットフォーム研究所 所長

通信とコンピュータとその融合技術により、
社会課題解決をより強化するプラットフォームを追究します。

複雑化する社会課題を効率よく解くための通信、コンピュータ、そしてその融合をめざすプラットフォームを研究しています。通信では次世代方式である5Gの基地局や、モバイル通信とインターネットの統合。コンピュータでは、通常のサーバプロセッサにGPGPUやFPGAを組み合わせた、高効率なプロセッシング方式のスーパーヘテロコンピューティング。
通信とコンピュータの融合では、IoTを使い社会課題を効率よく解くためのコンピューティング資源の最適配置と、効率のよい資源間の通信方式が主な研究テーマです。

常に最先端かつダントツの成果をめざします

「怪しい」というあいまいな情報を探すICTシステム

たとえば、セーフティ領域で危険人物の検出に1時間かかれば、犯行後の捜査には役に立ちます。
でも、危険人物の検出が数秒であれば、犯罪やテロを未然に防止できます。プラットフォームの領域では、最先端の技術トレンドを踏まえた研究開発を行うことが必要です。通信とプラットフォームの性能や効率を徹底追究することで、社会ソリューションに新たな価値を加えることをめざしています。また、多数の大学や研究機関との間で人間の脳機能を模した、新しいコンピューティングの共同研究を始めています。

世界トップ研究者との共創と戦いで自らを磨く

プラットフォームの領域では、最先端の技術トレンドを踏まえた研究開発を行うことが必要です。
スタンフォード、UCバークレイ、インペリアル大などとの共同研究、あるいは積極的な論文発表などにより、世界のトップ研究者との徹底的な議論を継続して行い、研究成果のブラッシュアップに努めています。

システムプラットフォーム研究所の各研究チーム

ページの先頭に戻る