ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 研究所紹介
  5. データサイエンス研究所
ここから本文です。

データサイエンス研究所

山田 昭雄
データサイエンス研究所 所長

データサイエンスを駆使して、
社会貢献できる新たな価値を創造します。

当部門は、人工知能(AI)関連の研究者を集結させた大型研究所で、データサイエンスに関連するあらゆる技術開発に統合的に取り組んでいます。具体的には、実世界の今の姿を多面的に捉え、起こりうる未来像を予測し、全体最適の視点から社会に働きかけることで、潜在的なリスクを減らし、機会を最大化。安心・安全・公平・効率的な社会の実現をめざします。

世界No.1/Only 1技術で、社会課題を解決します

わたしたちは、4つの技術領域に取り組んでいます。①環境変動にロバストなデータ収集技術(センシング)、②多面的なデータ解釈技術(人・モノ・環境)、③データから知識・知性を抽出するデータ分析技術(データマイニング、推論、システムモデリング)、④システムを望む状態に推移させる制御プランニング技術です。世界No.1、Only 1の要素技術を確立するだけでなく、これらの技術をデータの流れに沿って有機的に組み合わせることで、社会課題を解決するソリューションをデザインし、また、それを支えるシステムアーキテクチャの設計・開発に取り組んでいます。

現場の課題を本質的科学的原理に基づき解決します

群衆行動監視システム

実社会での問題解決に貢献するため、わたしたちは研究開発を進めるにあたって3つのポリシーを大切にしています。(1)現場に入り込んで顧客課題を発見し研究テーマを定義すること、(2)数理科学に基づく定式化を行い、それを科学理論に基づき根本的に解決すること、そして、(3)実データに基づき技術開発を行い、実環境でその効果を検証することです。

ページの先頭に戻る