ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 研究所紹介
  5. システムプラットフォーム研究所
  6. ハイパフォーマンスアナリティクス研究チーム
  7. メンバー
  8. 劉 健全
ここから本文です。

劉 健全

劉 健全 (Jianquan Liu), 博士(工学)

劉 健全

NEC 中央研究所
システムプラットフォーム研究所
リアルタイム処理基盤TG
主任

Email :

略歴

学歴

  • 2012年3月 筑波大学システム情報工学研究科博士後期課程修了 博士(工学)
  • 2009年3月 筑波大学システム情報工学研究科博士前期課程修了 修士(工学)
  • 2007年3月 筑波大学システム情報工学研究科研究生修了
  • 2005年7月 汕頭大学工学部コンピュータサイエンス専攻卒業 学士(工学)

職歴

  • 2012年4月現在 NEC グリーンプラットフォーム研究所
  • 2005年8月~2006年8月 中国テンセント(Tencent Inc.)

他の経歴

  • 2010年9月~12月 香港中文大学研究訪問

研究分野

  • 類似検索(主に多高次元)
  • データマイニング
  • 情報検索(テキスト・ウェブ)
  • データ工学,データベース

受賞等

  • 2012年3月 筑波大学コンピュータサイエンス専攻 専攻長表彰
  • 2011年4月 日本政府文部科学省(MEXT) 国費外国人留学生国内採用
  • 2010年4月 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 学習奨励費
  • 2009年7月 情報科学国際交流財団(IISF) 研究者海外派遣助成
  • 2009年4月 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 学習奨励費
  • 2008年4月 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 学習奨励費

公表論文

DBLP Bibliography, Microsoft Academic Search

学術雑誌

  • Rong-Hua Li, Jianquan Liu, Jeffrey Xu Yu, Hanxiong Chen, Hiroyuki Kitagawa. Co-occurrence prediction in a large location-based social network. Frontiers of Computer Science (FCS), 7(2): 185-194, 2013.
  • Hanxiong Chen, Jianquan Liu, Kazutaka Furuse, Jeffrey Xu Yu, and Nobuo Ohbo. Indexing Expensive Functions for Efficient Multi-dimensional Similarity Search. Knowledge and Information Systems (KAIS), 27(2):165–192, 2011.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Improving User’s Web Search Experience by Interactive Re-ranking and Zooming Interfaces. Journal of Digital Information Management (JDIM), 7(1):36–44, 2009.

国際会議

  • Jianquan Liu, Shoji Nishimura, and Takuya Araki. Wally: A Scalable Distributed Automated Video Surveillance System with Rich Search Functionalities. In Proceedings of the 22nd ACM International Conference on Multimedia (ACM MM), pages 729-730, 2014.
  • Masafumi Oyamada, Jianquan Liu, Kazuyo Narita, and Takuya Araki. MOARLE: Matrix Operation Accelerator based on Run-Length Encoding. In Proceedings of the 16th Asia-Pacific Web Conference (APWeb), pages 425-436, 2014.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Hiroyuki Kitagawa. An Efficient Algorithm for Arbitrary Reverse Furthest Neighbor Queries. In Proceedings of the 14th Asia-Pacific Web Conference (APWeb), pages 60-72, 2012.
  • Rong-Hua Li, Jeffrey Xu Yu, and Jianquan Liu. Link Prediction: the Power of Maximal Entropy Random Walk. In Proceedings of the 20th ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM), pages 1147–1156, 2011.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, Hiroyuki Kitagawa, and Jeffrey Xu Yu. On Efficient Distance-based Similarity Search. In Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Data Mining (ICDM), PhD Forum, pages 1199–1202, 2011.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Hiroyuki Kitagawa. An Efficient Algorithm for Reverse Furthest Neighbors Query with Metric Index. In Proceedings of the 21st International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), pages 437–451, 2010.
  • Hanxiong Chen, Jianquan Liu, Kazutaka Furuse, Jeffrey Xu Yu, and Nobuo Ohbo. Indexing the Function: An Efficient Algorithm for Multi-dimensional Search with Expensive Distance Functions. In Proceedings of the 5th International Conference on Advanced Data Mining and Applications (ADMA), pages 67–78, 2009.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Extracting Related Words from Anchor Text Clusters by Focusing on the Page Designer’s Intention. In Proceedings of the 20th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), pages 451–459, 2009.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Using an Interactive Interface to Support Web Search for Improving User Experience. In Proceedings of the 1st IEEE International Conference on the Applications of Digital Information and Web Technologies (ICADIWT), pages 210–215, 2008.
  • Yanmin Luo, Jianquan Liu, Canhong Lian, and Hanxiong Chen. Finding RkNN by Compressed Straightforward Index. In Proceedings of the 3rd IEEE International Conference on Intelligent System and Knowledge Engineering (ISKE), pages 279–284, 2008.

国内学会(査読あり)

  • 劉 健全, 西村 祥治, 荒木 拓也. 素因数分解の逆演算に基づく多次元索引を用いた類似検索. 第6回 Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum), 2013 年 11 月 27 日 – 28 日.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Providing Correlative Candidates by Hyperlink Analysis Based on Pixel Coordinate. In Proceedings of Symposium on Web Information System and Database (WebDB Forum), pages 7B–3, 2008.

国内学会(査読なし)

  • 小山田昌史, 成田和世, 劉健全, 荒木拓也. MOARLE: 高速・省メモリな行列圧縮計算フレームワーク, 第 6 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), pages D9-1, 2014 年 3 月 3 日–3 月 5 日.
  • 浅原理人, 藤森偉恭, 成田和世, 劉健全. システム状態の変化にロバストな異常タスク特定手法を備えたMapReduceタスクスケジューラ. 情報処理学会OS研究会報告(2013-OS-126), 9 pages, 2013年7月.
  • 劉 健全, 西村 祥治, 荒木 拓也. 類似度の階層関係に基づく木構造索引を用いた効率的な類似検索. 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013), pages A9-1, 2013 年 3 月 3 日–3 月 5 日.
  • 西村 祥治, 劉 健全, 藤森 偉恭, 荒木 拓也. Wally: 映像検索システムを対象としたスケーラブルな分散データストア. 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013), pages P4-1, 2013 年 3 月 3 日–3 月 5 日.
  • 劉健全, 陳漢雄, 北川博之. 特化したR木空間索引を用いた効率的な逆最遠傍検索. 第 4 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012), pages D8–4, 2012 年 3 月 3 日–3 月 5 日.
  • 劉健全, 陳漢雄, 古瀬一隆, 北川博之. 任意位置クエリに適用可能な効率的逆最遠傍検索. 第 3 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), pages C7–6, 2011 年 2 月 27 日–3 月 1 日.
  • 劉健全, 陳漢雄, 古瀬一隆, 北川博之. 距離索引を用いた逆最遠傍問題に対する効率的な検索手法. 第 2 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010), pages F3–1, 2010 年 2 月 28 日–3 月 2 日.
  • 連燦紅,劉健全, 陳漢雄, 古瀬一隆. 検索語の重要性を考慮した重み付け手法を用いたウェブ検索支援の提案. 情報処理学会創立 50 周年記念(第 72 回)全国大会論文集 (1) (IPSJ2010), pages 721–722, 2010 年 3 月9 日–3 月 11 日.
  • 劉健全. 高次元データに対する効率的な k-NN 検索手法を用いた画像検索システムの開発. ICT ソリューションアーキテクト育成プログラム:ソリューション型研究開発プロジェクト最終報告書 (Technical Report), pages 71–80, 2010 年 2 月 20 日.
  • 劉健全, 陳漢雄, 古瀬一隆, 大保信夫. k-NN 問題に関する効率的な関数索引手法. 第 1 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2009), pages D8–4, 2009 年 3 月 8 日–10 日.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Supporting Web Search by Using Zoomable Interface to Present Relativity (関連度の可視的ズーミングによるウェブ検索支援). 電子情報通信学会第 19 回データ工学ワークショップ (DEWS2008), pages B5–3, 2008 年 3 月 9 日–11 日.
  • Jianquan Liu, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Nobuo Ohbo. Visualized Web Search Assistant (可視化 Web 検索支援). 情報処理学会 第 70 回全国大会講演論文集 (1) (IPSJ2008), pages 517–518, 2008 年 3 月 13 日–15 日.

学会活動

学会会員

  • ACM
  • 日本データベース学会

委員

  • BigMM 2015
  • FTSIS 2014
  • APWeb 2014 (Demo Track)
  • ICADIWT 2008, 2009, 2011
  • WWM 2009

論文査読

  • TMM: 2015/03 -- now
  • IJIS: 2014/07 -- now
  • Neurocomputing: 2014/05 -- now
  • ADMS 2014 (External)
  • APWeb 2014
  • ACIIDS 2014 (External)
  • APDCM 2013 (External)
  • BSIC 2013 (External)
  • EDB 2013 (External)
  • CIKM 2010 (External)
  • ICADIWT 2008, 2009, 2010, 2011
  • NDT 2009, 2010
  • IEEE Trans. on SMC-A: 2008/09 -- now
  • KAIS: 2010/05 -- now
  • FGCS: 2012/10 -- now (External)

ページの先頭へ戻る