ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NEC研究者紹介
  5. 佐々木 耀一
ここから本文です。

NEC R&D Members

佐々木 耀一

NEC 中央研究所
セキュリティ研究所
自動推論研究グループ
修士 (情報科学)

所在地: 〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • データマイニング
  • グラフ理論
  • データ構造
  • バイオインフォマティクス

論文

国際会議 (査読あり)

  • Yoichi Sasaki, Tetsuo Shibuya, Kimihito Ito, and Hiroki Arimura, "Efficient Approximate 3-Dimensional Point Set Matching Using Root-Mean-Square Deviation Score", In Proc. The 8th International Conference on Similarity Search and Applications (SISAP2015), October, 12 - 14, 2015, Glasgow, Scotland, UK.

国内研究会 (査読なし)

  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,大森亮介,伊藤 公人,有村 博紀, "正規化ハミング距離を用いた三次元点集合マッチングの高速化とインフルエンザウイルス解析への応用", 情報処理学会第79回全国大会,愛知,2017年3月.
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,大森亮介,伊藤 公人,有村 博紀, "ラベル情報と構造情報の相関を用いた三次元点集合マッチングの高速化とそのインフルエンザウイルス解析への応用", 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (第14回日本データベース学会年次大会),岐阜,2017年3月.
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,伊藤 公人,有村 博紀,宇野 毅明,"大規模離散構造データからの超高速パターン発見:深い意味の獲得に向けて (配列情報とRMSDを用いた3次元点集合マッチング)" , JST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクト「情報系 WINTER FESTA Episode2」,ポスター発表,東京,2016年12月
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,大森亮介,伊藤 公人,有村 博紀, "頂点ラベル付き三次元点集合マッチングのインフルエンザウイルス解析への応用", 基盤 (S) 湊離散構造処理系プロジェクト 「2016年度 秋のワークショップ」 ,ポスター発表,北海道,2016年11月.
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,伊藤 公人,有村 博紀, "三次元空間におけるRMSD距離に基づく近似点集合マッチングの高速化", 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (第14回日本データベース学会年次大会),福岡,2016年2月.
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,伊藤 公人,有村 博紀, "三次元空間における効率良い近似点集合マッチング", ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2015年度 秋のワークショップ」,ポスター発表,北海道,2015年11月.
  • 佐々木 耀一,渋谷 哲朗,伊藤 公人,有村 博紀, "三次元空間における効率良い近似点集合マッチングと分子パターン照合への応用", 第 42 回バイオ情報学 (BIO) 研究会,沖縄,2015年6月.

受賞歴

  • 北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 専攻長賞, 2017
  • 情報処理学会第79回全国大会学生奨励賞, 情報処理学会, 2017
  • 2016年度山下記念研究賞, 情報処理学会, 2016
  • 2015年度SIGBIO学生奨励賞, 情報処理学会 , 2015

略歴

  • 2011年3月北海道札幌南高等学校 卒業
  • 2011年4月北海道大学総合理系 入学
  • 2015年3月北海道大学工学部 情報エレクトロニクス学科 コンピュータサイエンスコース 卒業
  • 2015年4月北海道大学 大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 修士課程 入学
  • 2017年3月北海道大学 大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 修士課程 卒業
  • 2017年4月-現在日本電気株式会社 中央研究所

ページの先頭へ戻る