ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

NEC R&D Members

程 騫 (Qian Cheng)

NEC 中央研究所
IoTデバイス研究所
主任
LinkedIn: https://jp.linkedin.com/in/qian-cheng-68149246
博士(工学)

所在地:茨城県つくば市御幸が丘34 日本電気 株式会社 筑波研究所

LinkedIn

略歴

学歴

  • 2012年7月筑波大学大学院物資材料工学専攻博士後期課程修了
  • 2009年7月華中科技大学大学院材料科学専攻博士前期課程修了
  • 2007年7月ハルビン工業大学材料科学とエンジニアリング専攻卒業

職歴

  • 2012年10月~現在日本電気中央研究所
  • 2009年8月~2012年9月独立行政法人 物質・材料研究機構

研究分野

  • リチウムイオン電池
  • スーパーキャパシタ
  • エネルギーストレージ
  • ナノ材料
  • カーボン

受賞等

  • Excellent Graduate of HIT, July 2009
  • Excellent Graduate of Heilongjiang Province, July 2009
  • Best Publication Award, July 2009
  • Excellent Graduate of HUST, July 2009
  • Poster Award, International Society of Electrochemistry
  • November 2011, The Most Promising Project Award
  • Global School for Advanced Studies, July 2011
  • 研究奨励賞, 日中科学技術交流協会, January 2012
  • Chinese Government Award for Outstanding Self-Finaced Student Abroad, China Scholarship Council, May 2012
  • 研究科長賞, 筑波大学, March 2013
  • NEC中央研究所 若手研究者賞, NEC Corp., July 2014

論文

Google scholar
https://scholar.google.com/citations?user=wrTnL3QAAAAJ&hl=en

新聞・雑誌掲載

  • 1. Jie Tang , Qian Cheng.  高性能なグラフェンキャパシターの開発.  NIMS NOW. Mar. 2012.
  • 2. Jie Tang, Qian Cheng. Development of High Performance Graphene-Based 
Supercapacitors. NIMS NOW International, March, 2012 .
  • 3. High Speed Charging Device-Success in High Capacity Graphene-Based Supercapacitors (High Expectations for Electric Vehicles and Energy Storage). NIMS Press Release, 5th September, 2011.
  • 4. 短時間で充電可能 “キャパシター”の大容量化に成功,NHK  Channel Ibaraki, 18:50 5th , Sep. 2011.
  • 5. 短時間で充電の蓄電装置開、NHK  Japan, 16:13 25th , Sep. 2011.
  • 6. 電極にグラフェンエネ密度大幅向上 キャパシター大容量化、The Chemical Daily, 6th Sep. 2011
  • 7. 電気自動車 数分で充電、Asahi News, 19th Sep. 2011.
  • 8. 容量、2次電池並み 物材機構、充電も100倍速く、Nikkei News, 16th Sep. 2011.
  • 9. キャパシターのエネ密度 ニッケル水素電池並み、Nikkan Business Lin, 4th Oct. 2011

学会活動

学会会員

  • ECS
  • ISE
  • 電気化学会

論文査読

  • The Journal of Power Sources
  • RSC Advances
  • Energy & Environmental Science
  • Nanotechnology
  • Carbon
  • Advanced Materials
  • New Journal of Chemistry.

ページの先頭へ戻る