ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

NEC R&D Members

大原 一真

大原 一真

NEC 中央研究所
セキュリティ研究所
データセキュリティテクノロジーグループ
担当

所在地:〒211-8666神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • 暗号プロトコル

論文

査読付き国際会議

  • Toshinori Araki, Jun Furukawa, Yehuda Lindell, Ariel Nof, Kazuma Ohara
    "High-Throughput Semi-Honest Secure Three-Party Computation with an Honest Majority", 23rd ACM Conference on Computer and Communications Security (ACM CCS 2016), 2016. (Best Paper Award)
  • Kazuma Ohara,Yusuke Sakai,Keita Emura,Goichiro Hanaoka
    “A Compact Revocable Group Signature Scheme with Scalability [Invited Talk]”,
    International Workshop on Security 2014 (IWSEC 2014)
  • Kazuma Ohara, Kazuo Ohta, Koutarou Suzuki, Kazuki Yoneyama.
    “Constant Rounds Almost Linear Complexity Multi-party Computation for Prefix Sum”, AFRICACRYPT 2014, pp.285-299
  • Kazuma Ohara, Yusuke Sakai, Fumiaki Yoshida, Mitsugu Iwamoto, Kazuo Ohta.
    “Privacy-preserving smart metering with verifiability for both billing and energy management”, AsiaPKC@AsiaCCS 2014, pp.23-32
  • Kazuma Ohara,Yusuke Sakai,Keita Emura,Goichiro Hanaoka.
    “A Group Signature Scheme with Unbounded Message-Dependent Opening”,8th ACM Symposium on Information, Computer and Communications Security (ASIACCS 2013).

国内シンポジウム・研究会

  • 大原一真,坂井祐介,江村恵太,花岡悟一郎,太田和夫.
    “署名長の短い削除機能付きグループ署名”,
    暗号と情報セキュリティシンポジウム2014(SCIS2014),2D1-6,2014年.
  • 大原一真,鈴木幸太郎,米山一樹,太田和夫.
    “マルチパーティ計算による定数ラウンドかつほぼ線形な通信量のビット加算プロトコル”,
    暗号と情報セキュリティシンポジウム2013(SCIS2013),1D2-4,2013年.
  • 岩本貢,大原一真,坂井祐介,太田和夫.
    “t人結託耐性を有する第一価格オークションプロトコルに対する情報理論的解析”,
    暗号と情報セキュリティシンポジウム2013(SCIS2013),4D1-2,2013年.
  • 大原一真,坂井祐介,岩本貢,太田和夫.
    “情報理論的に安全なFirst-Priceオークションプロトコル”,
    暗号と情報セキュリティシンポジウム2012(SCIS2012),4A1-3,2012年.

国際会議(ポスター/デモ発表)

  • Toshinori Araki, Assaf Barak, Jun Furukawa, Yehuda Lindell, Ariel Nof, Kazuma Ohara
    "Demo: High-Throughput Secure Three-Party Computation of Kerberos Ticket Generation"
    23rd ACM Conference on Computer and Communications Security (ACM CCS 2016), 2016.
  • Kazuma Ohara,Yusuke Sakai,Mitsugu Iwamoto,Kazuo Ohta.
    “An t-Resilient Unconditionally Secure First-Price Auction Protocol”,
    International Workshop on Security 2012 (IWSEC 2012).

受賞等

  • SCIS2014論文賞
  • ACM CCS2016 Best Paper Award

略歴

  • 2012年3月電気通信大学 電気通信学部 情報通信工学科 卒業
  • 2014年3月 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 総合情報学専攻 博士前期課程 修了
  • 2014年4月 日本電気株式会社 入社

ページの先頭へ戻る