ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NEC研究者紹介
  5. 熊谷 太一
ここから本文です。

NEC R&D Members

熊谷 太一

NEC 中央研究所
システムプラットフォーム研究所
主任

研究分野

  • 無線通信
  • 遠隔制御

論文

  • Y. Karasawa, T. Kumagai, A. Takemoto, T. Fujii, K. Ito, and N. Suzuki, "Experiment on Synchronous Timing Signal Detection from ISDB-T Terrestrial Digital TV Signal with Application to Autonomous Distributed ITS-IVC Network," IEICE Trans. Commun., vol. E92-B, no.1, pp.296-305, 2009.
  • 熊谷太一, 松永泰彦, 菅原弘人, 小林航生, “基地局休止に伴うカバレッジ劣化を抑制する省電力方式,” 電子情報通信学総合大会講演論文集 2010年通信(1), 456, 2010-03-02.
  • 熊谷太一, 松永泰彦, 菅原弘人, 小林航生, 二木尚, “基地局の休止に伴う輔輳とカバレッジ劣化を抑制する省電力制御方式,” 電子情報通信学会技術研究報告 RCS, 無線通信システム 111(94), 19-24, 2011-06-16.
  • 熊谷太一, 小林航生, 信清貴宏, 松永泰彦, “LTE HetNet環境においてスループット特性を改善するスモールセル基地局向けアンテナチルト角最適化方式,” 電子情報通信学総合大会講演論文集 2014年通信(1), 438, 2014-03-04.
  • 熊谷太一, 松尾大輔, 森田基樹, 信清貴宏, 松永泰彦, “動的なカバーエリア変更に伴う無線リンク断の発生を抑制する事前ハンドオーバ制御方式の提案,” 電子情報通信学ソサエティ大会講演論文集 2015年通信(1), 311, 2015-08-25.
  • 森田基樹, 熊谷太一, 信清貴宏, “QoE劣化の予測に基づくLTE基地局の無線資源制御方式の提案,” 電子情報通信学会技術研究報告 RCS, 無線通信システム 116(383), 13-18, 2016-12-21.
  • T. Kumagai, H. Yoshida, K. Satoda, "Adaptive Remote Control of a Mobile Robot System with Delay Fluctuation," IEEE International Conference on Consumer Electronics 2018.

受賞等

  • 電子情報通信学会「平成26年度学術奨励賞」

雑誌掲載

  • 日経ものづくり 2018年2月号, “2台のAGVを無線ネットで協調制御 通信遅延の予測で先回り”

略歴

  • 2007年電気通信大学電気通信学部電子工学科 卒業
  • 2009年電気通信大学大学院情報通信システム学研究科情報ネットワークシステム学専攻 修了
  • 2009年日本電気株式会社 入社

ページの先頭へ戻る