This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
Main content starts here.

暗号・符号化技術

暗号と符号は、情報システムやウェブサービスの安全性と信頼性を支えるために必要不可欠な基盤技術です。 NECでは、暗号と符号に関する基礎理論と、その実システムへの応用を研究しています。研究を通じて生み出されたシステム設計・運用技術は、NECの製品とサービスの信頼性向上に幅広く貢献しています。

暗号プロトコル

企業活動に伴う情報漏洩などの問題を技術的に解決するためのツールとして、公開鍵暗号・電子署名技術をベースとした様々な暗号プロトコルを研究しています。近年は、署名者の匿名性を保つグループ署名(プレスリリース1,プレスリリース2)や、暗号化したままのデータベース検索やデータの演算など、セキュアなクラウドコンピューティングを実現するための鍵となる暗号技術と、その実システム応用(プレスリリース3)を研究対象としています。
また、秘密情報の分割管理を情報理論的な安全性に基づいて行う秘密分散技術にも力をいれています。

共通鍵暗号

ITネットワークの最も根幹の安全性を支える基盤技術として、共通鍵暗号を研究しています。主な研究テーマとして、暗号アルゴリズムの安全性を調べる暗号解析や、安全で効率のよい暗号の設計、ブロック暗号を利用してより高度な暗号・認証機能を実現する暗号利用モード、ハードウェア上に実装された暗号の安全性解析(実装攻撃)などがあります。
現在、国内の電子政府向け暗号技術評価プロジェクトCRYPTRECにおいて、当社のブロック暗号CIPHERUNICORN-A,CIPHERUNICORN-E、およびメッセージ認証方式PC-MAC-AESが推奨候補暗号リストに記載されております。
2012年度の研究成果としては、センサ、ローエンドマイコンなどの計算能力が限られた環境に適した軽量ブロック暗号Twineの開発(プレスリリース)、および国際標準暗号化方式であるGCMについての新たな安全性評価(プレスリリース)があります。研究活動の詳細はこちらをご覧ください。

暗号化とメッセージ認証とを同時に行う共通鍵暗号技術を認証暗号と呼び、近年注目を集めている分野です。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の出資のもと、認証暗号の国際的なコンペティション CAESARが2014年より開催されており、当社は独自開発の方式AES-OTRを応募しております。AES-OTRの詳細につきましてはこちら(日本語 ・ 英語)をご覧ください。
また、名古屋大学およびシンガポール南洋理工大学と共同で開発の方式であるCLOCとSILCも応募しております。CLOCとSILCの仕様につきましてはCAESARのサイトをご覧ください。

誤り訂正符号

誤り訂正符号は送信時の情報の“符号化(パリティ付加)”と受信時の“復号”の処理によって通信路上の雑音の影響を抑える技術です。近年はターボ符号や低密度パリティ検査符号(Low-Density Parity-Check,LDPC)符号などの実用化によってこれまで困難と思われてきた理論的限界(シャノン限界)に近い特性が達成できるようになり、誤り訂正符号の効果は一層大きいものになってきています。 当グループでは現在LDPC符号を中心に符号設計・アルゴリズムからハードウェアアーキテクチャ研究 まで広く取り組み、固定マイクロ波、光、モバイルなどの通信システムの性能向上に貢献しています。

ページの先頭へ戻る