ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 中台 慎二
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

中台 慎二

中台 慎二

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ
主任研究員

所在地: 〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • 分散データベース・分散処理
  • 機械学習・データマイニング

略歴

  • 2001年 東京大学工学部 電子工学科 卒業
  • 2003年 東京大学大学院工学系研究科 電子工学専攻 修士課程修了
  • 2003年 日本電気株式会社入社 中央研究所に配属
  • 2012-2013年 カリフォルニア大学バークレイ校計算機科学科 客員研究員
  • 2013年現在 日本電気株式会社 中央研究所 主任

学会発表

  • M. Asahara, S. Nakadai, and T. Araki, “LoadAtomizer: A locality and I/O load aware task scheduler for MapReduce, ” In Proc. of the 4th IEEE Int'l Conf. on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom'12), pp. 317-324, 2012.
  • K. Narita, S. Nakadai, and T. Araki, “Landmark-Join: Hash-Join Based String Similarity Joins with Edit Distance Constraints,” In Proc. of the 14th Int'l Conf. on Data Warehousing and Knowledge Discovery (DaWaK), pp. 180-191, 2012.
  • H. Tamano, S. Nakadai, and T. Araki, “Optimizing Multiple Machine Learning Jobs on MapReduce,” In Proc. of the 3rd IEEE Int'l Conf. on Cloud Computing Technology and Science(CloudCom'11), pp. 59-66, 2011.
  • S. Nakadai and K. Taniguchi, “Server Capacity Planning with Priority Allocation for Service Level Management in Heterogeneous Server Clusters, ” IFIP/IEEE Int'l Symposium on Integrated Network Management(IM2007), 2007.
  • 小山田昌史, 中台慎二. 無限混合SVMの関係モデル化, 第30回人工知能学会全国大会 (JSAI), 2016.
  • 成田和世,中台慎二. 編集距離制約下におけるトライを用いた高速並列類似結合,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM),2011.
  • 中台慎二. 最小コストフローアルゴリズムを用いた並列スケルトン処理の最適配置, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM),2010.
  • 中台慎二, 谷口邦弘. PLATON: 超分散環境におけるデータ共有のための P2P 多次元範囲検索システム, マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2007), 優秀論文賞.
  • 中台慎二, 谷口邦弘. サービスレベル管理のための優先制御機能を有したヘテロジニアス環境適応型サーバ容量計画法, 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, 2006年, テレコミュニケーションマネジメント研究賞受賞.

ページの先頭に戻る