ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 楠村 幸貴
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

楠村 幸貴

楠村 幸貴

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ
主任
博士(工学)

所在地:10080 North Wolfe Road, Suite SW3-350,Cupertino, CA 95014

研究分野

  • データ工学
  • 自然言語処理
  • 機械学習・データマイニング

論文

  • 2007年,テンプレートの交叉とDOM構造の解析による情報抽出手法の提案.電子情報通信学会論文誌D,Vol.J90-D, No.9, pp. 2495-2509,楠村,土方,西田.
  • 2007年,e-マーケットプレース向け情報収集・抽出方式における人的コストと精度・再現率の関係,電子情報通信学会論文誌D,Vol.J89-D-I, No.2, pp. 220-236, 楠村,土方,西田.
  • 2007年,Social summarization of text feedback for online auctions and interactive presentation of the summary. Knowl.-Based Syst. 20(6): 527-541, 土方,大野,楠村,西田.
  • 2006年,論点提示による分類型グループ知識のインタラクティブな獲得手法,情報処理学会論文誌,Vol.47, No.1, pp.231-249.竹中,楠村,土方,西田.
  • 2004年,NTM-Agent:Text Mining Agent for Net Auction,IEICE Trans Info&Sys, Vol.E87-D, No.6, pp.1386-1396, 楠村,土方,西田.

学会

  • 情報処理学会

学会発表

  • 2014年, DNF列挙を用いた論理2値属性の自動生成. IBIS2014(Poster), D-06. 楠村, 和佐, 藤巻.
  • 2010年,5w viewpoints associative topic search for networked conversation support system. HRI 2010,  pp.165-166, 楠村,水口,久寿居,石澤,村岡.
  • 2009年,2次元クラスタリングに基づく高頻度語の検索手法,DEIM2009 C4-1, 楠村,水口,久寿居.
  • 2008年, 対話的テキストマイニングのためのタグ付け用検索基盤,情報処理学会研究報告DBS-144,No.7 pp.39-46,楠村,神谷.
  • 2007年, Interactive knowledge externalization and combination for SECI model. K-CAP 2007 pp.151-158, 土方,竹中,楠村,西田.
  • 2006年,Social Summarization of Text Feedback for Online Auctions and Interactive Presentation of the Summary, Proc. of ACM IUI2006, pp.242-249,  土方,大野,楠村,西田.
  • 2005年, 社会的関係を用いた評価コメントの自動要約とその提示手法. インタラクション2005,pp.5-12, 大野,土方,楠村,西田.
  • 2004年, Text mining agent for net auction. ACM SAC 2004, pp.1095-1102, 楠村,土方,西田.
  • 2003年, Extracting Fixed Information from Miscellaneous Documents on Net Auction. AINA 2003, pp.446-453, 楠村,土方,西田.

受賞等

  • 2009年 DEIM2009優秀論文賞受賞
  • 2006年 DEWS2006優秀論文賞受賞
  • 2006年 ACM IUI 2006 Best Paper Award受賞
  • 2005年 インタラクション2005 ベストペーパー賞受賞
  • 2003年 テレコムシステム技術学生賞

略歴

  • 1997年3月 京都府立西城陽高等学校卒業
  • 2006年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻博士課程修了
  • 2006年4月 日本電気株式会社入社 中央研究所に配属
  • 2015年1月 NEC Knowledge Discovery Laboratoires (US)に配属

ページの先頭に戻る