ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 菊池 裕介
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

菊池 裕介

菊池 裕介

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ
博士 (農学)

所在地:〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • 機械学習・データマイニング
  • バイオインフォマティクス

論文

  • Kobae Y, Kawachi M, Saito K, Kikuchi Y, Ezawa T, Maeshima M, Hata S, Fujiwara T. (in press) Up-regulation of genes involved in N-acetylglucosamine uptake and metabolism suggests a recycling mode of chitin in intraradical mycelium of arbuscular mycorrhizal fungi. Mycorrhiza
  • Kikuchi, Y, Hijikata, N, Yokoyama, K, Ohtomo, R, Handa, Y, Kawaguchi, M, Saito, K, Ezawa, T. (2014)  Polyphosphate accumulation is driven by transcriptome alterations that lead to near-synchronous and -equivalent uptake of inorganic cations in an arbuscular mycorrhizal fungus. New Phytologist 204(3): 638-649.
  • 坂本一憲・秋山康紀・林英雄・磯部勝孝・江澤辰広・菊池裕介・土方野分・俵谷圭太郎・伊豆進・齋藤勝晴 (2012)、アーバスキュラー菌根菌:研究の最前線と土壌肥料分野への貢献、日本土壌肥料学雑誌、第83巻 第2号 216-221.

学会発表

  • Kikuchi, Y., Hijikata, Tani, C., N., Handa, Y., Kawaguchi, M., Saito, K. and Ezawa, T. Transcriptome and cation dynamics revealed activation of inorganic cation uptake and arginine biosynthesis during polyphosphate accumulation in an arbuscular mycorrhizal fungus. XVI International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions, Rhodes, Greece, July 2014
  • Kikuchi, Y., Tani, C., Hijikata, M., Handa, Y., Kawaguchi, M., Saito, K. and Ezawa, T. Comparative transcriptome revealed activation of the pathways involved in phosphate/cation uptake and arginine biosynthesis during polyphosphate-overplus in an arbuscular mycorrhizal fungus. 7th International Conference on Mycorrhiza, Delhi, India, January 2013
  • Kikuchi, Y., Hijikata, N., Tani, C., Ohtomo, R., Osaki, M. and Ezawa, T. Plant transpiration as a driving force for phosphate translocation within the fungal partner of arbuscular mycorrhiza. Rhizosphere 3 International Conference, Perth, Australia, September 2011
  • Kikuchi, Y., Hijikata, N., Ohtomo, R., Osaki, M. and Ezawa, T. Plant transpiration is a possible driving force for phosphate translocation in the extraradical hyphae of an arbuscular mycorrhizal fungus. 1st Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation, Miyazaki, September 2010
  • 菊池裕介. アーバスキュラー菌根共生におけるリン酸吸収および輸送の生理・分子機構. 日本生態学会, 鹿児島, 2015年3月 (自由集会・招待講演)
  • 菊池裕介・横山楓・土方野分・大友量・半田佳宏・川口正代司・齋藤勝晴・江沢辰広. トランスクリプトームのリン応答性から構築されるアーバスキュラー菌根菌のリン酸吸収・代謝・輸送機構の全体像. 日本土壌肥料学会, 東京, 2014年9月
  • 菊池裕介・内尾圭文・増田税・齋藤勝晴・江沢辰広. ウイルス誘導性遺伝子サイレンシングを用いたアーバスキュラー菌根菌の菌糸内リン酸輸送解析. 日本土壌肥料学会, 名古屋, 2013年9月
  • 菊池裕介・内尾圭文・増田税・齋藤勝晴・江沢辰広 植物ウイルスベクターを介したアーバスキュラー菌根菌の遺伝子サイレ ンシング: 菌糸内長距離リン酸輸送における水輸送体の役割 植物微生物研究会, 岡崎, 2013年9月
  • 菊池裕介・内尾圭文・増田税・江沢辰広 植物ウイルスベクターを用いたアーバスキュラー菌根菌遺伝子のサイレンシング法 日本菌根研究会, 東京, 2012年10月
  • 菊池裕介・谷千春・土方野分・半田佳宏・川口正代司・齋藤勝晴・江沢辰広. アーバスキュラー菌根菌におけるポリリン酸超集積 ―無機イオン輸送およびエネルギー供給に関わる遺伝子群の網羅的解析―. 日本土壌肥料学会, 鳥取, 2012年9月
  • 菊池裕介・土方野分・谷千春・大友量・大崎満・江沢辰広. アーバスキュラー菌根菌のリン酸輸送メカニズム ―宿主の蒸散量に比例した菌糸内リン酸輸送―. 日本菌根研究会, 西条, 2011年12月
  • 菊池裕介・土方野分・谷千春・大友量・大崎満・江沢辰広. アーバスキュラー菌根菌のリン酸輸送における蒸散の重要性 ―宿主の蒸散速度に比例した菌糸内リン酸輸送―. 日本土壌肥料学会, つくば, 2011年8月
  • 菊池裕介・土方野分・谷千春・大崎満・江沢辰広. アーバスキュラー菌根菌外生菌糸におけるポリリン酸超集積時のトランスクリプトーム:リン酸吸収・濃縮・輸送に関わる遺伝子群の発現ネットワーク. 日本菌根研究会, 松戸, 2010年11月
  • 菊池裕介・土方野分・大友量・大崎満・江沢辰広. アーバスキュラー菌根菌における宿主方向へのリン酸輸送 ―ポリリン酸輸送駆動力としての蒸散―. 日本土壌肥料学会, 札幌, 2010年9月

受賞等

  • 第4回北海道大学サスティナビリティーウィーク 学生ポスターコンテスト 最優秀賞 (2012年11月)

略歴

  • 2010年3月 北海道大学 農学部 生物機能化学科 卒業
  • 2012年3月 北海道大学大学院 農学院 応用生物科学専攻 修士課程修了
  • 2015年3月 北海道大学大学院 農学院 応用生物科学専攻 博士後期課程修了

ページの先頭に戻る