ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 菅野 亨太
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

菅野 亨太

菅野 亨太

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ
主任研究員

所在地:〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • ソフトウェア工学
  • データマイニング
  • データマネジメント
  • 分散処理

学会発表

  • Hiroki Nakayama, Ayako Hoshino, Chihiro Ito, Kyota Kanno, Formalization and Discovery of Approximate Conditional Functional Dependencies. 24th International Conference on Database and Expert Systems Applications(DEXA),2013
  • 菅野亨太,村上千央,西村健士,河又恒久,他, 利用者状況に適した方式で情報を推薦する「マルチモード推薦システム」の実現 第67回情報処理学会全国大会,2009
  • 白木 孝,菅野亨太,西村建士,河又恒久, マルチモード推薦方式における推薦効果評価方式の提案 第67回情報処理学会全国大会,2009
  • Makoto Nonaka, Kyota Kanno, Soichi Matsushita, Motoei Azuma, Adapting Software Development Process for Customer Requirements and Personnel Capability, ESCOM,2001
  • 菅野亨太, 松下壮一, 野中誠, 東基衞, ソフトウェア開発プロセス設計・適応支援システム―プロセス計測・評価支援システムの実装―, 第62回情報処理学会全国大会,2001
  • 松下壮一, 菅野亨太, 野中誠, 東基衞, ソフトウェア開発中に発生する調査時間の見積もり手法, 第62回情報処理学会全国大会,2001
  • 野中誠, 菅野亨太, 松下壮一, 東基衞, ソフトウェア開発プロセス設計・適応支援システム―システム概念モデルとアーキテクチャ―, 第61回情報処学会全国大会,2000
  • 菅野亨太, 松下壮一, 野中誠, 東基衞, ソフトウェア開発プロセス設計・適応支援システム―品質要求に基づくプロセス設計を考慮したアクティビティのモデル化―, 第61回情報処理学会全国大会,2000
  • 松下壮一, 菅野亨太, 野中誠, 東基衞, ソフトウェア開発プロセス設計・適応支援システム―開発に必要な知識項目のモデル化―, 第61回情報処理学会全国大会,2000

略歴

  • 1999年3月 早稲田大学理工学部 経営システム工学科 卒業
  • 2001年3月 早稲田大学大学院 理工学研究科 経営システム工学専攻 修士課程修了
  • 2001年4月 日本電気株式会社入社、Webインテグレーション事業部、交通・サービス事業部に所属
  • 2007年4月 中央研究所に異動
  • 2011年8月-2012年9月 スタンフォード大学コンピュータサイエンス学科 客員研究員
  • 2015年現在 日本電気株式会社 中央研究所 主任研究員

ページの先頭に戻る