ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 亀田 義男
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

亀田 義男

亀田 義男

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ
主任研究員

所在地:〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • データ指向型制御

論文、受賞歴他

  • Kameda, Y. “Primitive-Level Pipelining Method on Delay-Insensitive Model for RSFQ Pulse-Driven Logic” ASYNC '98 Proceedings of the 4th International Symposium on Advanced Research in Asynchronous Circuits and Systems
  • 亀田義男他「SFQ 2×2単位スイッチの完全動作」(第12回(2002年春季)応用物理学会講演奨励賞)
  • Kameda, Y. “High-Speed Operation of a Single-Flux-Quantum (SFQ) Cross/Bar Switch up to 35 GHz” International Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM) (2002)
  • Kameda, Y. “Automatic Josephson-transmission-line routing for single-flux-quantum cell-based logic circuits” Applied Superconductivity, IEEE Transactions on  (Volume:13 ,  Issue: 2 ) (2003)
  • 萬伸一、橋本義仁、亀田義男、第8回超伝導科学技術賞受賞「超伝導単一磁束量子(SFQ)回路設計インフラストラクチャの構築」社団法人未踏技術協会(2004)
  • Kameda, Y. “40-GHz Operation of a Single-flux-quantum (SFQ) Switch Scheduler” Hot Chips: A Symposium on High Performance Chips (2005)
  • Kameda, Y. “Tunable duplex LSIs achieved by multiple phase-modulated clocks capable of predicting delay-increase and -decrease faults” VLSI Circuits, 2009 Symposium on

略歴

  • 1994年3月 東京工業大学大学院 情報理工学研究科 修士課程修了
  • 1999年3月 東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学専攻 博士課程修了
  • 1999年4月 日本電気株式会社入社 基礎研究所(筑波)
  • 2002年7月 国際超電導産業技術センター出向
  • 2007年4月 デバイプラットフォーム研究所(相模原)
  • 2010年4月 システムIPコア研究所(玉川)
  • 2010年7月 R&D企画本部(玉川)

ページの先頭に戻る