ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. データマイニングテクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 平野 敏弘
ここから本文です。

NEC R&D on Data Mining

平野 敏弘

平野 敏弘

NEC データサイエンス研究所
データマイニング・テクノロジーグループ

所在地:〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • 機械学習・データマイニング
  • 空間統計学
  • 品質管理

論文

  • Hirano, T. (2015). Modified linear projection for large spatial data sets. Communications in Statistics - Simulation and Computation, in press.
  • Hirano, T. (2014). Pseudo best estimator by a separable approximation of spatial covariance structures. Journal of the Japan Statistical Society, 44, 43-71.
  • Hirano, T. and Yajima, Y. (2013). Covariance tapering for prediction of large spatial data sets in transformed random fields. Annals of the Institute of Statistical Mathematics, 65, 913-939.
  • 矢島美寛, 平野敏弘 (2012). 時空間大規模データに対する統計的解析法. 統計数理, 統計数理研究所, 60, 57-71.
  • 平野敏弘, 宮川雅巳 (2007). 誤差要因を共変量として観測する場合のロバストパラメータ設計. 品質, 社団法人日本品質管理学会, 37, 385-391.

学会

  • 日本統計学会
  • 日本品質管理学会

国際会議・ワークショップ

  • Yoshihiro Yajima and Toshihiro Hirano, Covariance Tapering for Statistical Analysis of Large Spatial Data Sets, The 2nd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting, Tsukuba International Congress Center, July, 2012.
  • Yoshihiro Yajima and Toshihiro Hirano, Covariance Tapering for Prediction of Large Spatio-Temporal Data Sets in Transformed Random Fields, International Workshop in Recent Advances in Time Series Analysis, University of Cyprus, June, 2012.
  • Toshihiro Hirano and Yoshihiro Yajima, Covariance Tapering for Prediction of Large Spatial Data Sets in Log-Gaussian Random Fields, The International Symposium on Statistical Analysis of Spatio-Temporal Data, The Chambers of Commerce and Industry of Kamakura City, November, 2010.
  • Toshihiro Hirano and Yoshihiro Yajima, Covariance tapering for prediction of large spatial data sets, Joint Meeting of Japan-Korea Special Conference of Statistics and the 2nd Japan-Korea Statistics Conference of Young Researchers, Okayama University, February, 2010.

国内会議・ワークショップ

  • 平野敏弘, 空間共分散構造の乗法型近似による擬似最良推定量について,
    統計関連学会連合大会, 岡山大学, 2015年9月.
  • 平野敏弘, Modified linear projection for large spatial data sets, 統計関連学会連合大会, 東京大学, 2014年9月.
  • 平野敏弘, Pseudo best estimator by a separable approximation of spatial covariance structures, 科学研究費シンポジウム, 大規模で非定常な時系列・時空間データのモデル化とその推定・検定・予測法の研究, 東北大学, 2013年12月.
  • 平野敏弘, Pseudo best estimator by a separable approximation of spatial covariance structures, 統計関連学会連合大会, 大阪大学, 2013年9月.
  • 平野敏弘, 矢島美寛, Transformed Random FieldにおけるCovariance Taperingを用いた大規模空間データに対する予測について, 統計関連学会連合大会, 北海道大学, 2012年9月.
  • 平野敏弘, 矢島美寛, Covariance Tapering for Prediction of Large Spatial Data Sets in Transformed Random Fields, 経験尤度法と判別・分類解析の理論と応用, 和歌山県 和歌山ビッグ愛 802会議室, 2011年12月.
  • 平野敏弘, 矢島美寛, Covariance Tapering for Prediction of Large Spatial Data Sets in Log-Gaussian Random Fields, 統計関連学会連合大会, 早稲田大学, 2010年9月.
  • 平野敏弘, 矢島美寛, Covariance tapering for prediction of large spatial data sets, 科学研究費シンポジウム, 時空間統計解析 その理論と応用, 京都府宇治市生涯学習センター, 2009年11月.
  • 平野敏弘, 宮川雅巳, 誤差因子を共変量として観測する場合のロバストパラメータ設計, 統計関連学会連合大会, 神戸大学, 2007年9月.

受賞等

  • 日本統計学会. 小川研究奨励賞, 2015年
  • 2012年度統計関連学会連合大会. コンペセッション 優秀報告賞, 2012年9月

略歴

  • 2007年3月 東京工業大学工学部経営システム工学科 卒業
  • 2009年3月 東京大学大学院経済学研究科経済理論専攻統計コース 修士課程 修了
  • 2014年3月 東京大学大学院経済学研究科経済理論専攻統計コース 博士課程 単位取得退学
  • 2014年4月 日本電気株式会社入社 中央研究所に配属

ページの先頭に戻る