ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. 自動推論テクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 根本 裕太郎
ここから本文です。

根本 裕太郎 | NEC R&D on Automated Reasoning

根本 裕太郎

根本 裕太郎

NEC 中央研究所
データサイエンス研究所
自動推論テクノロジーグループ

所在地: 〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • サービス学
  • 設計工学

略歴

  • 2007年3月 茨城県立緑岡高等学校 卒業
  • 2011年3月 首都大学東京システムデザイン学部 卒業
  • 2013年3月 首都大学東京大学院システムデザイン研究科 博士前期課程 修了
  • 2016年3月 首都大学東京大学院システムデザイン研究科 博士後期課程 修了(博士(工学))
  • 2016年4月-現在 日本電気株式会社 データサイエンス研究所

学会活動

会員

  • サービス学会
  • 日本機械学会タイムアクシス・デザイン研究会

委員会

  • 2016年7月1日-現在 サービス学会出版委員

受賞等

  • 日本機械学会 第25回設計工学・システム部門講演会 優秀講演表彰, 2015.
  • サービス学会 第1回国内大会 Best Presentation Award (学生部門), 2013.

論文

学位論文

  • 博士論文:長期的視座に基づく製品サービスシステム設計方法論, 2016.

投稿論文

  • Y. Nemoto, K. Uei, K. Sato, and Y. Shimomura: A Context-Based Requirements Analysis Method for PSS Design. Procedia CIRP, Vol. 30, pp. 42-47, 2015.
  • Y. Nemoto, F. Akasaka, and Y. Shimomura: A Framework for Managing and Utilizing Product-Service System Design Knowledge. Production Planning & Control: The Management of Operations, Special Issue: Servitization of manufacturing and its implications for operations management, Vol. 26, Issue 14-15, pp. 1278-1289, 2015.
  • Y. Nemoto, K. Uei, S. Mizoguchi, and Y. Shimomura: Strategic Thinking in EDIPS: Edutainment for Designing Product-Service Systems. Procedia CIRP, Vol. 16, pp. 92-97, 2014.
  • Y. Nemoto, F. Akasaka, R. Chiba, and Y. Shimomura: Establishment of a Function Embodiment Knowledge Base for Supporting Service Design. Science China Information Sciences, Springer, Vol. 55, No. 5, pp. 1008-1018, 2012.

ページの先頭に戻る