ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. NECのAI(人工知能)研究
  5. 研究グループ紹介
  6. 自動推論テクノロジーグループ
  7. メンバー紹介
  8. 川田 拓也
ここから本文です。

川田 拓也 | NEC R&D on Automated Reasoning

川田 拓也

川田 拓也の顔写真

NEC 中央研究所
データサイエンス研究所
自動推論テクノロジーグループ

所在地: 〒211-8666 神奈川県川崎市中原区下沼部1753

研究分野

  • 言語学(語用論)
  • 言語資源の構築

論文

  • 水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊, "モダリティ解析の導入による対災害SNS情報分析システムDISAANAの質問応答性能の改善", 情報処理学会論文誌:コンシューマ・デバイス&システム(CDS18), Vol.6, No.1, pp.106-120, May 2016.
  • 後藤淳,大竹清敬,Stijn De Saeger,橋本力,Julien Kloetzer,川田拓也,鳥澤健太郎, “質問応答に基づく対災害情報分析システム”,  自然言語処理, Vol. 20(3), pp.367-404, 2013
  • 川田 拓也, 鳥澤 健太郎, 大竹 清敬, “インターネットにおける放射能リスク情報の分析”, 日本語用論学会第16回大会発表論文集, pp49-56, 2013
  • 呉 鍾勲,鳥澤 健太郎,橋本 力,川田 拓也,Stijn De Saeger,風間 淳一,王 軼謳, “意味的極性と単語クラスを用いたWhy型質問応答の改善”, 情報処理学会論文誌,Vol. 54(7), 2013.
  • 川田 拓也, 林 由華, 岩崎 勝一, 大野 剛, “琉球宮古池間方言におけるmmyaの談話機能”, 柴崎礼士郎(編), 『言語文化のクロスロード -沖縄からの事例研究-』, pp. 111-130, 文進印刷株式会社, 2009.
  • 川田 拓也, “ポスター会話におけるフィラーと視線の同期について,” 京都大学言語学研究, vol. 27,  pp. 151-168,  2008.
  • 川田 拓也, “「まあ」のスケール作用性-副詞的用法と談話的機能の統合に向けて-,” 語用論研究, vol. 9,  pp. 37-51,  2007.
  • 川田 拓也, “スケールに作用する表現としての「まあ」,” 日本語用論学会 第9回発表論文集,   pp. 33-40,  2007.
  • 川田 拓也, 日本語談話における「まあ」の振る舞いと役割について, 南 雅彦(編),『言語学と日本語教育V』,  pp. 175-192, くろしお出版, 2007.

国際会議

  • Wang,Y., Kazama,J., Kawada, T., and Torisawa,K., Chinese Evaluative Information Analysis, In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012), pp.2773-2788, Mumbai, India, December, 2012.
  • Oh,J., Torisawa,K., Hashimoto,C., Kawada,T., De Saeger,S., Kazama, J., and Wang,Y., Why Question Answering using Sentiment Analysis and Word Classes, In Proceedings of Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing and Natural Language Learning (EMNLP-CoNLL 2012), pp.368-378, Jeju, Korea, July, 2012.
  • Kawada, T., Akamine,S., Kawahara, D., Kato, Y., Leon-Suematsu, Y., Inui, K., Kurohashi, S., and Kidawara, Y., Web Information Analysis for Open-Domain Decision Support: System Design and User Evaluation ,  In Joint WICOW/AIRWeb Workshop on Web Quality (WebQuality 2011),   pp. 13-18, 2011.
  • Kawada, T., On the Characteristics of Three Types of Japanese Fillers:E-, Ma-, and Demonstrative-Type Fillers, In The 5th Workshop on Disfluency in Spontaneous Speech,   pp. 27-30, 2010.
  • Akamine,S., Kawahara, D., Kato, Y., Nakagawa, T., Leon-Suematsu, Y., Kawada, T., Inui, K., Kurohashi, S., and Kidawara, Y., Organizing Information on the Web to Support User Judgments on Information Credibility, In IUCS2010 (4th International Universal Communication Symposium),     2010.
  • Kawada, T., Nakagawa,T., Inui, K., and Kurohashi, S., Topic Relatedness in Evaluative Information Extraction, In Third International Universal Communication Symposium (IUCS2009),   pp. 120-125, 2009.
  • Kawahara, D., Nakagawa, T., Kawada, K., Inui, K., and Kurohashi, S., Summarizing Evaluative Information on the Web for Information Credibility Analysis, In Third International Universal Communication Symposium (IUCS2009),   pp. 187-192, 2009.
  • Nakagawa, T., Kawada,T., Inui,K., and Kurohashi, S., Extracting Subjective and Objective Evaluative Expressions from the Web, In ISUC (Second International Symposium on Universal Communication) 2008, pp. 251-258,  2008.
  • Hayashi, Y., Iwasaki, S., Kawada, T., and Ono, T., Explorations Ikema Discourse: Mmya, In 21st Pacific Science Congress,   p. 178, June 2007.
  • 川田 拓也, “談話における「まあ」の振る舞いと役割について,”  5th International Conference on Practical Linguistics of Japanese,   p. 53, 2006.

国内会議

  • 川田 拓也, Kloetzer Julien, 鳥澤 健太郎, 橋本 力, “質問応答システムのための含意パターンターンペア生成” 言語処理学会第21回年次大会発表論文集, pp. 159-162, 2015
  • 川田 拓也, Kloetzer Julien, 鳥澤 健太郎, “時制・モダリティを考慮した含意パターンの生成” ' 言語処理学会第20回年次大会発表論文集, pp. 562-565, 2014
  • 川田拓也, 鳥澤健太郎, 大竹清敬, “インターネットにおける放射能リスク情報の分析,” 日本語用論学会第16回年次大会, 2013.
  • 川田拓也, 大竹清敬, 後藤淳, 鳥澤健太郎, “災害対応質問応答システム構築に向けた質問・回答コーパスの構築,”  言語処理学会第19回年次大会発表論文集,   pp. 480-483, 2013.
  • 川田拓也, 風間淳一, 王軼謳, 佐野大樹, Varga Istvan, 鳥澤 健太郎, “大規模 Web コーパスを用いた動詞句評価極性の分析,”  言語処理学会第18回年次大会発表論文集,   pp. 727-730, 2012.
  • 川田拓也, 赤峯享, 河原大輔, 加藤義清, 乾健太郎, 黒橋禎夫, 木俵豊, “情報分析システムWISDOMのユーザ評価とその分析,”  言語処理学会第17回年次大会発表論文集,   pp. 45-48, 2011.
  • 赤峯享, 加藤義清, 川田拓也, レオン末松豊インティ, 河原大輔, 乾健太郎, 黒橋禎夫, “大規模Web情報分析のための分析対象ページの段階的選択,”  言語処理学会第17回年次大会発表論文集,   pp. 41-44, 2011.
  • 川田 拓也, 中川 哲治, 乾 健太郎, 黒橋 禎夫, “評価情報タグ付きコーパスの分析- トピックを考慮した評価情報の抽出に関する考察 -,”  言語処理学会第15回年次大会発表論文集,   pp. 849-852, 2009.
  • 川田 拓也, “聞き手との関わり合いとフィラーの表現形式,”  人工知能学会研究会資料 SIG-SLUD-A902-04,   pp. 21-27,  2009.
  • 川田 拓也, 中川 哲治, 森井 律子, 宮森 恒, 赤峯 享, 乾 健太郎, 黒橋 禎夫, 木俵 豊, “Webテキストにおける評価情報の整理・分類およびタグ付きコーパスの構築,”  言語処理学会第14回年次大会,   pp. 524-527, 2008.
  • 中川 哲治, 川田 拓也, 乾 健太郎, 黒橋 禎夫, “Web 文書からの主観的・客観的評価表現の抽出,”  第7回情報科学技術フォーラム (FIT2008), vol. 2,  pp. 137-138,
  • 川田 拓也, “スケールに作用する表現としての「まあ」,”  語用論学会 第9回大会, p. 42, 2006.

受賞等

  • 2015年9月, 第14回(2015年) ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門受賞(鳥澤 健太郎氏,大竹 清敬氏,橋本 力氏,呉 鍾勲氏,田仲 正弘氏,水野 淳太氏,Julien Kloetzer氏,後藤 淳氏,藤井 秀明氏,乾 健太郎氏,岡崎 直観氏との共同受賞).

学会

  • 言語処理学会
  • 語用論学会

略歴

  • 2008年5月 独立行政法人情報通信研究機構(現国立研究開発法人情報通信研究機構)入所
  • 2010年5月 京都大学大学院文学研究科言語学専攻 博士後期課程修了
  • 2016年2月 NEC入社
  • 現在 NEC 情報・ナレッジ研究所 勤務

ページの先頭に戻る