ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習
  4. 製品概要
  5. 画像解析版
  6. 検査オプション
ここから本文です。

RAPID機械学習 エンジン+画像解析 検査オプション

画像解析版検査オプションの概要

「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習 エンジン+画像解析 検査オプション(画像解析版検査オプション)」は、検査用途に特化した画像解析版のオプション製品です。

従来別ツールや手動で行っていた機能を提供。検査用途での利便性を向上しました。

 ※画像解析版 V2.1には検査オプションが標準搭載されました。[New]

画像解析版検査オプションの機能・特長

マーキングラベル作成機能(マーキングラベル作成支援GUI)

画像内の一部領域をマーキングして、カテゴリごとにラベル付け(正解値付け)を行い、マーキングラベルファイルを作成する機能です。
GUIでは画像を確認しながら、あらかじめ定義したカテゴリから選択して、ラベル付けが行えます。

前処理コマンド

画像の前処理機能として、スライディングウィンドウ、反転、回転など画像加工処理を提供します。
予め処理を定義し、実行することで、元画像から画像を増殖させることができます。

予測モデル作成(学習)機能

ラベルファイルを指定してデータを学習させることで、予測モデルを作成する機能です。
コマンドラインインタフェース(CLI)で提供します。検査オプションではマーキングラベル学習コマンドが追加されます

マーキングラベル学習コマンド

分類機能

作成した予測モデルを使用して、画像をあらかじめ定義したカテゴリに分類する機能です。
コマンドラインインタフェース(CLI)、WebAPIで提供します。
検査オプションでは、分類機能に前処理・後処理のオプションが追加されます。

検知機能

画像を小さな領域に自動分割して、領域ごとにあらかじめ定義したカテゴリに分類する機能です。作成した予測モデルを使用して画像内に写る対象物の位置を推定できます。
コマンドラインインタフェース(CLI)に加えて、検査オプションではWebAPIも提供します。
また、検査オプションでは、検知機能に前処理・後処理のオプションが追加されます。

後処理コマンド

分類/検知結果の後処理機能として、結果のフィルタリング・精度計算・検知結果画像の生成機能を提供します。


ページの先頭へ戻る