ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習
  4. 製品概要
  5. 画像解析版
ここから本文です。

RAPID機械学習 エンジン+画像解析

画像解析版の概要

「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習 エンジン+画像解析(画像解析版)」は、機械学習アルゴリズム「Convolutional Neural Network(畳み込みニューラルネットワーク)」 を搭載した画像解析ソフトウェアです。

学習用データ(画像とその教師信号)を大量に用意して学習することで、データの関係性をモデル化し、予測対象とする画像を分類することができます。

分類に必要な複雑なルール設定を機械学習で自動化し、多種多様な画像の分類に柔軟に対応できます。
また、画像内からオブジェクトを検出する機能も提供しています。

画像解析版の機能・特長

ラベリング機能

学習データに対してラベル付け(正解値付け)を行い、ラベルファイルを作成する機能です。
GUIでは画像を一覧で確認しながら、あらかじめ定義したカテゴリから選択して、ラベル付けが行えます。

予測モデル作成(学習)機能

ラベルファイルを指定することでデータを学習させ、予測モデルを作成する機能です。
GUI、コマンドラインインタフェース(CLI)で提供します。

高速学習モード ※V1.2以降

学習が不十分と判断される学習データに絞って学習を繰り返し実施することで、学習時間が短縮できます。
精度と学習時間のトレードオフになるため、高精度を求める場合は通常学習モードを使用してください。

学習誤差のリアルタイム表示機能 ※V1.2以降

学習中、学習誤差の推移を可視化します。
グラフの形状から学習収束状況を判断して、途中で学習を完了させることもできます。

分類機能

作成した予測モデルを使用して、画像をあらかじめ定義したカテゴリに分類する機能です。
GUI、コマンドラインインタフェース(CLI)、WebAPIで提供します(WebAPIはV1.2以降提供)。

ラベルファイルを指定することで、分類結果の正解率を表示することもできます(V1.2以降の機能)。

検知機能 ※V1.2以降

画像を小領域に自動分割して、領域ごとにカテゴリに分類する機能です。
画像内のオブジェクトの位置を推定できます。

GUI、コマンドラインインタフェース(CLI)で提供します。


NECビッグデータ・ソリューション

技術紹介はこちら

NEC発見チャンネル!!MITA TVでNEC Advanced Analytics - RAPID機械学習が紹介されました

記事はこちらから

人工知能(AI)で人材マッチング!ビッグデータで人事部はどう変わる?