ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. UNIVERGE QXシリーズ
  5. 製品ラインナップ
  6. QX-S509-PW/QX-S517T-PW
ここから本文です。

UNIVERGE QXシリーズ 製品ラインナップ

PoE レイヤ2スイッチ

QX-S509-PW/QX-S517T-PW

リミテッドライフタイム保証サービス対象製品

QX-S509-PW

S500シリーズ共通縦置きスタンド使用時

QX-S517T-PW

S517T用2台設置用フランジ使用時

製品概要

VLAN、QoS等をサポートする「100MスマートPoE・レイヤ2スイッチ」

価格

機種名 QX-S509-PW QX-S517T-PW
型番 B02014-00501 B02014-00502
希望小売価格(円) 75,700
(税込81,756)
129,800
(税込140,184)

特長

  • 給電状態により冷却ファンの稼動(ON/OFF)を自動制御する静音設計
  • 給電はIEEE802.3af準拠で、装置あたり最大60W(QX-S509-PW)、120W(QX-S517T-PW)供給可能
  • VLAN(Port/Tag)、ポートミラーリング、MACアドレスフィルターといったレイヤ2機能をサポート
  • 4クラスの優先制御キュー、帯域制御、CoS/DSCPに基づいたPQ/WRRスケジューリング方式により高度なQoSを実現
  • ACケーブルガード標準添付(電源ケーブル抜け防止)
  • 固定用マグネット、19インチラック搭載用フランジ、ウォールマウントキットはオプション
  • QX-S517T-PWは連結して19インチラック1Uサイズに2台搭載可能(別売:OPT-FLG-S2)
  • 縦置き設置も可能(別売:OPT-SD1)

仕様

機種名 S509-PW S517T-PW
パフォーマンス スイッチング容量[bps] 1.8G 5.2G
転送レート[pps] 1.35M 3.9M
スイッチング方式(※1) S&F
MACアドレステーブル 8K
インタフェース 100M 10/100BASE-TX 9 16
1GbE 10/100/1000BASE-T - 1
PoE 給電可能インタフェース数 8 16
給電規格 IEEE802.3af
給電方式 スペアペア
最大供給電力/ポート 15.4W
最大供給電力/装置 60.0W 120.0W
VLAN IEEE802.1Q
ポートVLAN
最大VLAN数[IPアドレス設定可能数] 64[0]
ポート機能 Auto Negotiation/速度・全半二重固定 ○/○
Auto MDI・MDIX/MDIX固定 ○/○
フローコントロール(IEEE802.3X)
EAP透過/BPDU透過 ○/○
ポートアイソレート
QoS PQ
WRR
QoSクラス数 4
管理機能 ポートミラーリング
物理仕様 外形寸法(W×D×H)[mm] 210×220×43.0 210×297×43.0
質量 2.0kg 2.5kg
AC電源入力(50/60Hz) 100V (90~110V)
最大消費電力(PoE給電電力量含む) 75W 140W
動作温度/動作湿度(非結露が前提) 0~45℃/20~80%
固定用マグネット OPT-SW08
19インチラック搭載用品 OPT-FLG-S1 OPT-FLG-S1,
OPT-FLG-S2
ウォールマウントキット OPT-WMK-S1
VCCI ClassA / RoHS指令対応 ○/○
保証期間 リミテッドライフタイム保証
省エネ法表示事項(※2) エネルギー消費効率[W/(Gbit/s)](※3) C区分 9.7 C区分 5.1
最大実効伝送速度[Gbit/s)](※4) 0.9 2.6
測定時ポート速度とポート数 100Mbit/s 9 16
1Gbit/s - 1
PoE最大供給電力 [W] 60.0W 120.0W
省エネルギーラベル(※5) 省エネ性マーク
2011年度基準
省エネ性マーク
2011年度基準
省エネルギー基準達成率[%](※6) 112 132
  • ※1:S&F=ストア&フォワード方式、CT=カットスルー方式
  • ※2:省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)に基づく表示事項
  • ※3:省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める測定方法により測定された最大実効伝送速度で徐したもの
  • ※4:省エネ法で定める測定方法により測定されたフレーム長が1,518バイトの時における1秒間の出力フレーム数x1フレームのビット数の総和
  • ※5:「エネルギー消費機器の小売の事業を行う者が取り組むべき措置」に基づく表示事項
  • ※6:日本工業規格C9901の算出式に基づき、省エネ法で定める基準エネルギー消費効率を省エネ法で定める測定方法により測定したエネルギー消費効率で除したもの。2011年度基準で表示。"-"は対象外製品を示す。

ページの先頭へ戻る