ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. UNIVERGE QXシリーズ
  5. 製品ラインナップ
  6. 旧製品情報
  7. QX-S2008
ここから本文です。

UNIVERGE QXシリーズ 旧製品情報

レイヤ2スイッチ

QX-S2008(旧製品)

QX-S2008

製品概要

基本機能をサポートした「ベーシック・レイヤ2スイッチ」
VLAN、STPといったレイヤ2スイッチとしての基本機能をサポートしたファンレスのベーシック・レイヤ2スイッチです。IEEE802.1XやDynamic VLANもサポートし、認証スイッチとしての利用も可能です。

特長

  • フルワイヤレート/ノンブロッキングのレイヤ2スイッチングを実現
  • Auto Negotiation、Flow Control、VLAN(Port/Tag)といったレイヤ2スイッチの基本機能をサポート
  • IEEE802.1X機能により不正な通信を禁止し、セキュリティの高いネットワークを実現
  • 4クラスの優先制御キュー、帯域制御、Port Priority/CoS/DSCPに基づいたPQ+WRR/WRRスケジューリング方式により高度なQoSを実現
  • STP/RSTPによる経路冗長化に対応し、高信頼度が要求されるネットワークに利用可能
  • 稼動音が気にならない、ファンレスによる静音設計
  • マグネットによる設置や壁掛け設置が標準で可能

仕様

機種名 QX-S2008
スイッチング容量 1.6Gbps
処理能力 1.19Mpps
ポート数 10/100BASE-TX 8
Auto MDI/MDI-X
Auto Negotiation
MACアドレステーブル最大数 4k
VLAN機能 IEEE802.1Q、Port VLAN、Dynamic VLAN
最大VLAN数[IPアドレス設定可能数] 512[1] (*1)
スパニングツリー STP(IEEE802.1D)、RSTP(IEEE802.1w)
リンク集約 Link Aggregation
Ethernet関連 Flow Control(IEEE802.3x)、CoS(IEEE802.1p)
Multicast機能 IGMP snooping
ポートミラーリング
高信頼化・運用性向上機能 ブロードキャスト抑制、同一VLANポート間通信遮断
認証機能 RADIUS、IEEE802.1X
802.1X認証機能 MD5、PEAP、TLS、802.1Xドメインセキュリティ(*2)
EAPOLフレーム透過機能
ACL -(*3)
QoS機能 PQ+WRR、WRR、ポートシェーパー
運用保守機能 CLI、Web console、telnet、SNMPv1/v2c/v3、RMON、Syslog、ftp、tftp、SSH、NTP
対応MIB 標準MIB、PrivateMIB
外形寸法(W×D×H)[mm] 215×117×41.5 (ゴム足含む)
質量 350g(電源アダプタを除く)
固定用マグネット 標準添付
静音設計 ○(ファンレス)
電源 電源タイプ(*4) AC100~240V(90~264V)、50/60Hz(*5)
消費電力 最大 8W
省エネ法表示事項(*6) エネルギー消費効率 [W/(Gbit/s)](*7) B区分 8.4
最大実効伝送速度 [Gbit/s](*8) 0.8
測定時ポート速度とポート数 100Mbit/s 8
環境条件 温度:0~40℃、湿度:20~80%(非結露)
EMI、環境基準 VCCI ClassA、RoHS指令対応
  • *1:VLAN IDは下位9ビットの重複不可
  • *2:802.1Xドメインセキュリティは特定のスイッチにのみ接続を許可する機能
  • *3:ログオンユーザ(SNMP, Telnetアクセス)に対するACL制御のみサポート
  • *4:()内は入力電圧変動許容値
  • *5:電源アダプター添付
  • *6:省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)に基づく表示事項
  • *7:エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法により測定された最大実効伝送速度で徐したもの
  • *8:省エネ法で定める測定方法により測定されたフレーム長が1,518バイトの時における1秒間の出力フレーム数×1フレームのビット数の総和

ページの先頭へ戻る