サイト内の現在位置を表示しています。

調達基本方針

「私たちは、持続可能な社会づくりのために、パートナーとの価値共創を通じた課題解決を目指します」

  • 持続可能な責任ある調達の推進
    高い倫理観でコンプライアンスとCSRを全うし、社会から存続を求められるような責任ある調達を目指します。
  • 共創による社会価値の創出
    グローバルに社外価値を結集し、お客さまを起点とした社会価値の共創を目指します。
  • 成長に向けた信頼関係の構築
    パートナーとの深い信頼関係を築き、パートナーとともに持続的な成長を目指します。

NECグループ調達基本方針

NECグループ調達部門は、お客様が求める価値ある製品の提供のため、グローバルな市場から、必要な資材・サービス等を適切な品質・価格・納期で調達します。NECの調達におけるいかなる活動においても、NECグループ企業行動憲章およびNECグループ行動規範に基づいて、関係法令の遵守、公正な取引関係を尊重します。
また、NECは国際連合が提唱する「グローバル・コンパクト」に賛同することを署名するとともに、ISO26000を礎としたCSR経営を推進しています。
調達活動においても、持続可能で倫理的な調達活動を追求すべく、ISO20400を礎として調達パートナーのご協力のもとで、「人権・労働・環境・腐敗防止」をはじめとするCSR活動の推進に取り組んでいきます。

基本的な考え方

NECグループ調達部門は調達活動を通じて、社会価値創造によるNECグループの企業価値の向上とともに、調達パートナーとの相互発展に貢献します。

公平な競争機会の提供

調達に関する情報を適時・適切に発信し、取引を望まれる国内外の全ての企業に平等に競争の機会を提供します。

透明な調達パートナーの評価・選定

調達パートナーの選定・評価は、経営の信頼性、調達品等の価格・品質・納期はもとより先進的な技術力およびCSRへの取り組み状況ならびに社会価値提案力等を総合的かつ公正に評価して選定します。

奴隷および人身売買の拒否

前項にかかわらず、調達パートナーおよびその上流における、奴隷、人身売買および人身取引によって作られていることが判明した製品の購入はいたしません。

相互の発展

調達パートナーとの協働と共創を大切にし、永く共に信頼、発展できる関係づくりに努力します。

情報の管理・保護

調達パートナーとの取引を通じて知り得た情報の価値を認識し、適正に管理、保護します。

調達姿勢

NECグループでは調達活動において、NECグループ行動規範第Ⅲ章(お客さま、取引先、競争会社等との関係)に基づいた調達姿勢で業務遂行致します。

対等で公正な取引の実行

私たちは、調達パートナーに対し、常に対等、公正な立場で接し、関係法令および契約ならびに倫理観に従った誠実な取引を行います。

優越的地位濫用の禁止

私たちは、調達パートナーに対し、優越的地位を利用した不当な不利益を及ぼす取引を行いません。

誠実な取引の実行

私たちは、調達等に関する職務に関連して、私企業間であっても利益や便宜の供与を受ける等の収賄行為を行いません。

コンプライアンス・ホットラインの設置

私たちは、第三者を介した、調達パートナーからの苦情窓口(コンプライアンス・ホットライン)を設置します。なお、相談者は相談した事実によってなんらの不利益も受けることはありません。

CSRに関する調達パートナーへの要請

NECグループのCSR(企業の社会的責任)が目指すところは、社会的責任と事業活動を統合的に取り組むことによって持続可能な社会の発展に貢献することです。そのためには、調達パートナーのご協力をいただき、相互に連携した取り組みを行っていくことが不可欠です。
すべての調達パートナーには、下記の項目に対して積極的な活動を実行していただけるよう要請致します。また、調達パートナーが調達を行っているサプライチェーン上流に位置する企業に対しても、下記の項目に対して啓発および監督を行っていただけるよう要請致します。

CSR活動全般

  • CSR活動の積極的な推進
  • 内部通報制度の構築
  • 社会・地域への貢献

人権・労働に関する社会的責任

  • 強制的な労働の禁止
  • 非人道的な扱いの禁止
  • 児童労働の禁止
  • 差別の禁止
  • 適切な賃金
  • 労働時間
  • 従業員の団結権
  • 少数者への配慮
  • 外国人従業員への配慮

安全衛生に関する社会的責任

  • 機械装置の安全対策
  • 職場の安全
  • 職場の衛生
  • 労働災害・労働疾病
  • 緊急時の対応
  • 身体的負荷のかかる作業への配慮
  • 施設の安全衛生
  • 従業員の健康管理

品質・安全性に関する社会的責任

  • 製品安全性の確保
  • 品質マネジメントシステム

情報セキュリティに関する社会的責任

  • コンピュータ・ネットワーク脅威に対する防御
  • 個人情報の漏洩防止
  • 顧客・第三者の機密情報の漏洩防止

環境・生物多様性に関する社会的責任

  • 環境管理システムの構築
  • 製造工程における環境影響物質の適正管理
  • 製品環境アセスメントの実施
  • 気候変動への対策
  • 地球環境保全への取り組み
  • グリーン調達の実施
  • 環境情報開示
  • 生物多様性保全への取り組み
  • 製品に含有する環境影響物質の適正管理
  • 省資源・省エネルギー設計
  • 長期使用可能設計
  • 再使用部品・再生素材の利用設計
  • リサイクル容易性設計
  • プラスティックの材料名表示

公正取引・企業倫理に関する社会的責任

  • 汚職・賄賂などの禁止
  • 優越的地位濫用の禁止
  • 不適切な利益供与および受領の禁止
  • 競争制限的行為の禁止
  • 正確な製品・サービス情報の提供(責任あるマーケティング)
  • 知的財産の尊重
  • 適切な輸出の管理
  • 情報開示