ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. 自販機の管理やIoT、電子マネー対応がしたい
ここから本文です。

一般課題・経営課題から選ぶ

自販機の管理やIoT、電子マネー対応がしたい

市場が飽和状態に達し、競争が激化する自販機ビジネスの世界において、リモートで収集したリアルタイムデータの精細分析など、お客さまのビジネスを援護する様々なソリューションをご用意しています。

NECの自販機ソリューションは、従来のようなルートセールスの経験・勘に頼った運用からの脱却を可能にし、高度できめ細かな自販機マーケティング戦略へと進化させます。

4つの課題から解決策をご覧いただけます。

よくある課題と解決策

課題 1:自販機の状況をリモートで把握し、機会損失防止、売り上げ最大化を実現したい

解決

無線通信機とのオンラインデータ授受で、自販機の状況を手に取るように把握する

NECの自販機オンラインソリューションは、自販機内に無線通信機を設置し、オンラインでの管理サーバとのデータ授受を可能にするものです。

担当自販機のコラム別販売状況がリアルタイムで可視化されるため、売り切れ、釣り銭切れ、故障といった機会損失を最小限に抑えることができ、ルートセールスの負荷は大幅に軽減します。さらに、日々収集された販売データを分析すれば、効率的な補充納品計画も立案できます。

課題 2:電子マネーの導入で自販機の機会損失を防ぎたい

解決

最大8つの電子マネーに対応、顧客への付加価値となる自販機へ

飲料自販機向けの「電子マネーサービス JMMS」により、お客さまの自販機で最大8つの電子マネーが使えるようになります。

マルチリーダライタの搭載により、自販機と各電子マネー事業者のデータ連携を行うクラウドサービスをNECがご提供します。フィールドで十分に実績のある専用マルチリーダライタとデータ連携サービスの共同購入・共同利用により、安価かつ簡単に扱えるサービスとなりました。

※JMMSはMP-Solution Inc.の商標です。
※NECは「JAMA電子マネー化共同プロジェクト」に参画し、専用マルチリーダライタの中核機器の開発およびデータ連携クラウドサービスを担う後方センターの構築運用を担当しております。

課題 3:自販機の設置場所・競合状況に応じた設定により、パーマシンの最大化を実現したい

解決

ビッグデータ解析による高度なマーケティングにより、パーマシン最大化を実現

機械学習などのビッグデータ技術を活用した、NECの高度な自販機データ分析サービスをご提案します。

本サービスでは、自販機の販売データを、マシンごと、商品ごとに販売動向として可視化し、自販機1台あたりの売上(パーマシン)最大化につなげます。設置場所に適した飲料の組み合わせ、エリアやロケーション別に有効な機材オプションなども一目瞭然です。各マシンの差別化・付加価値創造のための、よりきめ細かなマーケティングが実現します。

課題 4:自動販売機のコラム分析を行いたいが、フェイス情報のデータ化に手間がかかる

解決

デジカメやスマホのカメラの画像データから、自販機のコラム情報を容易に取得

NECの自動販売機フェイス分析サービスは、自販機の最適なコラム編成立案と実績管理のためのデータ収集をサポートするサービスです。

自販機のフェイス部分をデジタルカメラやスマートフォンで撮影し、メディア処理クラウドにアップすると、写真が自動的にフェイス情報としてデータ化され、すぐにビッグデータとして分析可能になります。従来、手間のかかっていたフェイス情報の収集や分析が、極めて容易に行えるようになりました。

ページの先頭へ戻る

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

自販機の状況をリモートで把握し、機会損失防止、売り上げ最大化

低コストで各種電子マネーに対応

  • 飲料業界向け電子マネーサービスJMMS
    日本自動販売協会(JAMA)による電子マネー化共同プロジェクトで開発した電子マネーサービスで共同調達によるコスト削減を実現。
    (JMMSはMP-Solution Inc.の商標です)

自販機のパーマシンを最大化

自動販売機のフェイス分析が簡単にできる

お問い合わせ

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る