ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. サプライチェーンにおける課題を解決したい
  4. 通い容器の動きを把握することによって、物流はさらに進化する
ここから本文です。

通い容器の動きを把握することによって、物流はさらに進化する

  • サブカテゴリ:
    • トレーサビリティ
  • 職種・業務:
    • 生産・品質
  • テクノロジーテーマ:
    • クラウド
    • IoT

お客さまの課題通い容器の管理が難しく滞留/紛失を招く

自社外へ流通される通い容器は、その所在がつかみづらく、滞留/紛失を招きがちです。利用実態がつかめないため、管理が困難です。

  • 通い容器の滞留/紛失が多頻度で発生。“通い容器が用意できず出荷が遅れる”などの事態は許されないため、多めに在庫を保有している。(通い容器の滞留/紛失と過剰在庫の発生)
  • 繁忙を極める物流現場に業務増加を求めるのは難しく、紙やExcelの台帳管理に留まっている。 (管理が難しく、工数もかかる)

厳しい経済環境下でより一層のローコスト・オペレーションが求められる今、 物流領域におけるコスト削減の期待は今まで以上に高まっています

NECからのご提案“見える化”により、コスト低減/業務効率化を実現

本ソリューションでは、通い容器にRFID(ICタグ)を貼り付け容器の個体管理を実現し、クラウド上で利用実態を“見える化”し効率的な管理/運用を実現します。
-“見える化”による効果-

  • 通い容器の利用実態の把握/分析により、出荷先への返却依頼や破損原因の特定/対応など、改善策を打ち大幅なコスト低減を実現します。(通い容器の滞留/紛失を改善し適正在庫の実現)
  • 検品、洗浄などの自社内におけるステータス管理を実施し工場・倉庫業務の更なる業務効率化/品質向上を実現。

ソリューション導入後の運用イメージ ~フレコンの場合~

ご提案による効果RFIDを利用したフレコンの管理により、利用実態の把握と現場作業の効率化を実現します。

通い容器の“見える化” 通い容器が“どこ”に“いくつ”あるのかを把握し、利用実態や滞留日数を分析可能とします。
適正運用“必要なところに必要な数”を配置し滞留/偏在を抑制、スムーズな業務運用を実現します。
管理の効率化 RFIDの活用により、手作業や紙の煩雑な管理から脱却、ローコストオペレーションを実現します。
補充のコストの削減 通い容器の在庫/ライフサイクルを把握し、購入数量/補充時期を適正化します。
物流業務の効率化、品質改善 出荷時の検品業務に適用するなど、従来の物流業務から更に一段高いレベルを実現します。

通い容器の補充コスト

お奨めポイント

  • アプリケーションはクラウド上にご用意しており、即利用が可能です。

この分野におけるNECの強み

通い容器管理システムの構築実績とノウハウ、RFIDや画像認識等の物体識別技術により、現場の実情に即した運用性・効率性の高いソリューションをご提供いたします。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

  • 通い容器管理ソリューション
    物流現場IoTソリューション

※詳細については、お問い合わせください。

お客さまにぜひ参考にしていただきたいソリューション・製品

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る

  • サブカテゴリ:
    • トレーサビリティ
  • 職種・業務:
    • 生産・品質
  • テクノロジーテーマ:
    • クラウド
    • IoT
ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。