ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. 営業力・販売力を強化したい
ここから本文です。

一般課題・経営課題から選ぶ

営業力・販売力を強化したい

企業にとって、売上増に直結する営業の業務効率化は大きなテーマです。しかし、毎日の日報や上長への報告資料の作成、受注・売上情報の入力、そして在庫や納品日の確認といった事務作業がブレーキになり、営業の顧客対応のスピードとレベルの低下を招いています。

ここでは、営業の生産性UPを阻む事務作業を大幅に効率化する対策を紹介。また、お客さまと対面する店舗の来店促進や顧客満足度UPを支援するソリューションを紹介します。

3つの課題から解決策をご覧いただけます。

よくある課題と解決策

課題 1:日報などの報告業務の負荷を軽減し、営業の生産性向上と情報の共有・活用を促進したい

解決

スマホやタブレットによる事務処理業務を効率化、営業担当のナレッジの組織活用を実現

日報をはじめとする営業担当の情報登録の作業は、必要不可欠ながら、効率的な営業活動を阻む業務として、問題視されてきました。

NECでは、これらの業務を効率化するソリューションの提供により、営業活動の効率と売上UPを支援します。NECの営業支援システムは、外出中の隙間時間にスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスで各種情報の入力と報告が行え、報告・事務処理業務の大幅な効率化を実現。さらに、営業1人ひとりに蓄積されていた顧客情報やノウハウを組織全体で共有でき、そのナレッジを組織で活用することで、自社の競争力向上につながります。

課題 2:受注情報の入力や在庫確認などの内勤作業を効率化し、営業を顧客対応に注力させたい

解決

スマホやタブレット端末による在庫確認や受注入力で顧客へのスピーディな対応を実現

営業スタッフには、商談活動のほかに、受注情報の入力や在庫確認、日報の入力といった業務があり、顧客への対応に集中できない状況にあります。

こうした問題の解決策として、NECは「営業支援システムテンプレート」を提供しています。外出先からでも、スマートフォンやタブレット端末で受注や売上の処理、日報の入力、在庫情報の確認などが行え、社に戻ることなく、隙間時間を利用した事務作業により、営業の業務効率化が図れます。

課題 3:ネットショップに負けないリアル店舗の魅力を最大化し、顧客満足度UPを図りたい

解決

AI(人工知能)やIoTの活用で来店促進・顧客満足度UP・再度の来店促進を支援

ECや通販といった購買活動の場がサイバー空間に移行しつつある今、リアルな店舗の集客力UP、再度の来店促進が大きな命題になっています。

NECでは、AI(人工知能)とIoTといったITC技術を活用し、顧客満足度の最大化する店舗作りを支援しています。まず、スマホを利用してお客さまの位置や状況に応じ、最適な情報の提供で来店を促進。来店いただいたお客さまには、肌画像分析や画像認識技術を活用したアドバイスの提供などにより、顧客満足度の大幅なUPを支援します。

ページの先頭へ戻る

注目のトピックス 営業活動を支援するMA/SFA/スマートデバイス

既存顧客からの売上が伸び悩み、新規顧客獲得が困難という状況にある企業の多くが、獲得したリード(潜在顧客)を優良顧客に育成するマーケティング施策に注目しています。その支援ツールがMA(Marketing Automation)です。

簡単に解説すると、潜在顧客の状況に応じ、あらかじめ設定したシナリオに沿ったメールやコンテンツを自動で提供し、優良顧客へ育てるツールです。潜在顧客を育成し、受注の確度が高まったタイミングでリードは営業に手渡されます。

ここからの営業活動を支援するのがSFAと呼ばれる営業支援システムやスマートデバイスです。SFAに蓄積されている顧客情報や過去の活動実績、在庫情報などは外出先からスマートフォンやタブレット端末で閲覧・確認できるので、商談の量と質は大幅に向上。また、日報などの報告業務もスマホで行え、事務業務の負荷は大幅に軽減されます。

MA/SFA/スマートデバイスといったツールの活用は、リードの獲得・育成から商談・受注までのプロセスを強化し、大幅な売上UPに貢献します。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

営業担当の活動の「見える化」を簡素に実現し、生産性を向上

営業先から在庫確認、受注入力ができ、リアルタイム営業を実現

カスタマーエクスペリエンスを最大化し、購買促進を支援

お問い合わせ

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る