ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. 海外進出のためのITインフラを構築したい
ここから本文です。

一般課題・経営課題から選ぶ

海外進出のためのITインフラを構築したい

ビジネスがグローバル化により急速に変化する中で、システムもこれに追従していかなければなりません。

NECではグローバルで活躍する企業のために、クラウド型ERPサービス「SAP® Business ByDesign®」による海外拠点の基幹システム整備をご提案しています。低コストかつ短期間で、グループ経営管理やサプライチェーンマネジメントまで含めたビジネス基盤の立ち上げを目指します。

よくある課題と解決策

課題:コストと構築時間をかけずに、グローバルで活用するERPを構築したい

解決

クラウド型ERP「SAP® Business ByDesign®」により、短期間・低コストでの基幹システム立ち上げを実現

「SAP® Business ByDesign®」は、会計、販売、マーケティング、在庫、購買など、多岐にわたる機能を有する中規模拠点向けERPです。クラウドサービスとしてNECにより提供されるため、導入時にシステム構築に莫大な初期コストや時間をかける必要がなく、特に海外展開には最適です。

NECでは、多くのSAPコンサルティング要員を擁しており、短期間・低コストでの立ち上げをサポートしています。

ページの先頭へ戻る

注目のトピックス これからのグローバル展開において、勝ち残る企業が選ぶべきERPとは

企業の海外展開にまつわる失敗談として、国や地域ごとに都度システム基盤を導入した結果、統一が取れなくなったという問題がよく挙げられます。データが一元管理されないことで業務スピードが損なわれるのはもちろん、BIなどによるデータ分析も部分的なものになりがちで、精度に疑念が残ります。

そこで注目してほしいのがクラウド型のERPサービス。オンプレミスのように莫大な初期投資も長期の構築期間も必要なく、世界のどの拠点からでも同じサービスを利用できるのがメリットです。スピーディな海外展開が可能になり、また、撤退が必要になっても、オンプレミスのように莫大なコストを無駄にするリスクがありません。これから海外拠点を計画しているなら、ERPは、まず、クラウドファーストで検討するのがよいでしょう。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

コストと構築時間をかけずに、グローバルで活用するERPを構築

関連のある事例を厳選してご紹介

6ヵ月という短期間かつ複数拠点での同時導入を実現

お問い合わせ

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る