ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. 再生可能エネルギーを安定供給したい
ここから本文です。

一般課題・経営課題から選ぶ

再生可能エネルギーを安定供給したい

経済産業省より、2030年時点の電源構成(エネルギーミックス)目標の中で、再生可能エネルギーは22%~24%程度とすることが公表され、再生可能エネルギーの導入をさらに進めていくという日本政府の姿勢が示されています。
しかし、太陽光発電(Photovoltaics:PV)や風力発電(Wind Farm:WF)などの再生可能可能エネルギーは、気象条件によって出力が変動し、需要に合わせて供給できないという課題があります。また、再生可能エネルギーが拡大を続けると、発電量が需要を上回るといった余剰電力の問題も生じようとしてます。
NECのICTと蓄電システムを活用したソリューションにより不安定な再生可能エネルギーを、有効に活用する方法を解説します。

よくある課題と解決策

課題:不安定な再生可能エネルギーの出力を制御し、安定した電力供給や効率的な活用をしたい

解決

系統に悪影響を及ぼすことなく再生可能エネルギーの安定的な供給を実現

再生可能エネルギーは不安定な電源であるため、接続する系統ごとに許容可能な条件が規定されます。
一般電気事業者(送配電事業者)は、これに基づいて、発電事業者に出力制御を求める場合があります。
余剰電力が生じる場合、発電事業者は再生可能エネルギーを活用しきれず、売電量を損失してしまうこともあります。
NECのICTと蓄電システムを活用したソリューションは、不安定な再生可能エネルギーの出力を制御し、系統に接続するための条件をクリアしつつ、売電量を向上し事業機会の損失回避に寄与します。

ページの先頭へ戻る

注目のトピックス 2017年4月から何が変わる?
再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の改正法(改正FIT法)が2017年4月1日に施行されます。

この改正の第1のポイントは未稼働案件の発生を踏まえた新認定制度にあります。既にFIT認定を取得済みの事業者であっても、2017年3月31日までに電力会社との接続契約が締結できていなければ、原則的に認定が取り消されます。

第2のポイントは、適切な事業実施を確保する仕組みの導入です。認定の申請には、発電所の保守点検及び維持管理を含む再生可能エネルギー発電事業計画の提出が必須となります。
また認定取得後、この事業計画を遵守する必要があります。これは、“良い発電所”運営がなされるルールが導入され、事業者はそのルールに従う義務があるということです。
NECグループでは、この改正に対応するため、最適なO&Mサービスを提供します。詳細は、NECまでお問い合わせ下さい。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

お問い合わせ

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る