ページの先頭です。
  1. ホーム
  2. NECからのご提案
  3. フードディフェンスなど食品業の課題を解決したい
  4. 食品廃棄物の有効活用と農事業の拡大に貢献できる新たなビジネスモデルの創出
ここから本文です。

食品廃棄物の有効活用と農事業の拡大に貢献できる新たなビジネスモデルの創出

  • 職種・業務:
    • 経営企画
  • テクノロジーテーマ:
    • ICT
  • 場所:
    • 工場・倉庫

お客さまの課題食にまつわる社会的ニーズの変化

  • 食の安全、安心
  • 食品廃棄ロスの高止まり
  • 国内の農林水産業発展への寄与
  • 資源の有効活用、環境負荷軽減(CSRの積極的な活動)

食の安心・安全や多様化・嗜好化を背景に、先進国では一様に、食品廃棄量が高止まりしています。それは日本国内においても例外ではありません。また、この食品廃棄物の処理は経営の利益を圧迫するだけではなく、その処理方法によってはCSR上のリスクを抱える要因にもなっています。
一方、食の農業の分野にも大きな革新の波が訪れています。改正農地法の施行、JA全中の解体など、農業への新規参入が容易になり、さまざまな分野から農業への参入もはじまっています。食品加工メーカーや穀物取引に実績のある商社など従来から縁の深かった企業だけでなく、農業とのつながりの薄かった業種の企業が、本業で培った資本力や技術力をベースに農業に進出しはじめています。その際に注目されているのが、従来とは異なる農法である「植物工場」という考え方です。

NECからのご提案循環型農業という新たなビジネスモデルの実現

従来、廃棄物処理事業者へコストを支払うことで、自社で排出された廃棄物を処理してきました。しかしながら、食品廃棄物は見方を変えると、エネルギーを豊富に持つ原料であるという見方も出来ます。
この点に着目し、NECでは、従来燃焼などにより処理してきた廃棄物を原料として、再生可能エネルギー(電気・熱・CO2)へ変換することで、植物工場の運営に転用していこうというビジネスモデルを考案しています。

ご提案による効果CSRの向上(農事業への取組み、食品廃棄物の有効活用)、収益を確保できる新たな事業の立ち上げ

NECではこのビジネスモデルを実現するために必要となるノウハウなどをワンストップでご提供させて頂くことが可能です。これにより、お客様にとって未知の領域であったとしても、NECが立上げを全面的にご支援させて頂くことにより、スムーズに事業を立ち上げることが可能となります。また、ICTの領域においては、企業の収益を見える化するための栽培計画や実績収集、また、それら情報を元にした収益の見える化(農業経営支援)もご支援させて頂きます。

お奨めポイント

  • FEMS(ファクトリーエネルギーマネジメントシステム)の1種であるトリジェネレーションマネジメントシステムにより、再生可能エネルギーの流れを見える化し、植物工場においては、豊富な実績を持つセンシングシステムを始めとした各種ソリューションでのサポートが可能です。

この分野におけるNECの強み

NECの有する分析・予測・制御・解析の各種技術を活用し、農資材から生産・加工・流通までの食・農バリューチェーンの各事業者に対して、農業ICTソリューションとして価値を提供しています。
また、社会ソリューションに注力する中で、エネルギー供給の効率化を推進するデマンドレスポンスと、両輪となる需要側の見える化とコントロールを実現するBEMS(Building Energy Management System)に取り組んでおり、トリジェネレーションと合せてスマートな社会インフラの実現に寄与いたします。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

栽培現場のICT化を進め、次世代農業経営をサポート

  • 農業支援ソリューション
    生産現場からお客さまの手元まで、各プロセスをシームレスにつなぎ、クラウドでサービスを提供

お客さまにぜひ参考にしていただきたいソリューション・製品

コスト抑制だけでなく環境負荷も低減

  • 循環型農業を支援するトリジェネソリューション
    食物残渣の発酵熱を利用したトリジェネ(3種コジェネ)でコスト抑制を実現

※詳細については、お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

「NECからのご提案」トップに戻る

  • 職種・業務:
    • 経営企画
  • テクノロジーテーマ:
    • ICT
  • 場所:
    • 工場・倉庫
ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。