Insightful Sensing

実世界を理解・予測するセンシング

実世界の情報をデジタル化してサイバー世界に取り込むセンシング技術は、実世界の社会課題をAIによって解決する際に欠くことのできない技術です。例えば、カメラに映る人の顔を識別して照合する顔認証技術もセンシング技術の一つで、NECはこの分野で世界No.1の認証精度と速度を達成しています(米国政府機関主催のコンテストの結果)。センシング技術によって取り込まれた実世界の情報は、実世界で起きているコトやその背後にあるコンテキストの把握に用いられ、AIによる問題解決で利用されます。より正確に実世界の情報を把握することが、より確度の高い社会課題の解決で重要となります。例えば、NECのスタジアムソリューションや街監視ソリューションでは、顔認証技術を用いてカメラに映った人の顔画像と犯罪者などのブラックリストにある人の顔画像とを照合することにより、犯罪者等を特定して街や重要施設での犯罪抑止による治安の向上に貢献しています。

このようなセンシング技術は観察領域の広さ、観察の深さ、時間変化の検出をより高める方向に進化していきます。例えば、これまで一地点でしか撮影していなかったカメラの画像を、多地点から集めて分析することにより、局所的であった環境の理解を広域での状況理解に発展させることができます。深さの観点で言えば、外観の画像だけで捉えていた実世界の情報を、複数のセンシングデータを組み合わせたり、微細な変化を検知したりすることによって、観察対象の内部や内面の状態まで含めて捉えられるようになります。例えば、人の表情の画像から、その人の感情や心理状態を推定するようなことが可能になるでしょう。時間変化の検出に関しては、静止画像で捉えていた人物を、動画で捉えて行動を解析することにより、不審な行動を特定したり、歩き方から本人認証を行ったりすることが可能になります。

  • 1
  • 2

次へ

NEC Vision Book 2017を読む

社会価値創造のビジョンや取り組みについて、より詳しい内容をご覧いただけます。是非ご一読いただければ幸いです。