Pervasive Connectivity

浸透するコネクティビティ

NECはこのような繋がりの広がりを活かして新たな価値の創出を目指す一方で、つながりによって生じる課題にも目を向け、課題に対処する技術の開発に取り組んでいきます。例えば、デジタル化された世界では、データのコピーが容易であり、複製されたり、改ざんされたりした情報がインターネットで簡単に広がってしまう問題があります。デジタルコンテンツや仮想通貨など、社会的に複製や改ざんの許されない種類の情報があるため、つながる世界において情報のソースやデータの正しさを証明することの重要性が高まっています。そのような情報やデータの信頼性の保証を分散で実現する仕組みとしてブロックチェーンが注目されています。ブロックチェーンは集中局などの信頼できる仲介者を介すことなく安全かつ高効率にデジタルコンテンツや仮想通貨の移動やトレースを可能にします。ブロックチェーンにより取引情報の安全な管理が実現されることにより、デジタル化された世界で利用者間による仮想通貨や財産の安全な移動が可能になり、そこに相互信頼関係の場が生まれていきます。このような信頼関係はビジネスの基盤ともなることから、産業上の様々な応用が見込まれています。

仮想通貨の取引基盤として採用されたブロックチェーンは不特定多数のユーザが参加するオープンシステムとして設計されていました。例えば代表的な仮想通貨であるビットコインはネットワークに接続された誰もが利用可能で全ての取引情報を閲覧できるという特徴があります。仮想通貨以外へのブロックチェーンの応用が広がっていく中で、今後は取引情報の秘匿性を備えたクローズドシステム向けのブロックチェーンが設計され、ビジネスや社会の基盤として活用されていくと考えられます。クローズドシステムを実現するブロックチェーンには柔軟なデータ秘匿性管理と、大量のトランザクションを同時に処理する性能が求められていきます。NECは独自の暗号技術やプライバシー保護管理技術の研究の蓄積を活かし、高い処理性能と柔軟性の高い秘匿性管理を両立するブロックチェーンの開発に取り組んでいきます。これにより、デジタル化された世界において、高信頼なデータや情報のつながりを支える社会や産業の基盤を提供していきます。

前へ

  • 1
  • 2

NEC Vision Book 2017を読む

社会価値創造のビジョンや取り組みについて、より詳しい内容をご覧いただけます。是非ご一読いただければ幸いです。