image1

急がれる医療改革
医療従事者の負担はICTでいかに軽減できるか

地域医療連携、そして地域包括ケアを支えるID-Link

厚生労働省が推進している地域包括ケアシステムでは、病院や施設だけでなく在宅での医療・介護に向けた環境整備が必要です。ただし在宅医療・介護にはかかりつけ医、訪問看護師や訪問リハビリ、薬剤師、訪問歯科医、ケアマネージャー、介護ヘルパーなど、多様な職種の人々がかかわっており、患者の様態などの情報を関係者間で共有することが重要なポイントとなります。今後の在宅医療・介護を考えるうえで、また医療行為全体の質の向上と効率化を実現するためには、関係者間での情報共有を促進するシステムの整備が欠かせません。

NECは「医療機関の連携」に向けて、地域の診療所や病院などに分散されている診療情報を患者番号(患者ID)で統合し、提携している医療機関の間で患者の診療情報を共有・閲覧できる地域医療連携ネットワーク「ID-Link」を提供しています。
これにより急性期病院、回復期病院、かかりつけ医などの機能分担と連携を支援します。

ID-Linkを使うことで、地域の複数の医療機関に偏在する患者情報を一元化して閲覧できます。
患者の処方履歴や検査結果について時系列やチャートでの表示が可能なため、患者情報を素早く的確に把握することが可能です。例えば薬剤名称で絞り込むことで、重複投与の防止にも役立ちます。また、標準コードの活用により複数施設に分散した情報のサマライズも可能となるため、地域で共有する情報量が増加した場合でも、患者情報の円滑な共有が期待できます。

患者の基本情報(既往歴、アレルギー情報など)や日常生活に関する情報(ADL: Activities of Daily Living)などを集約して患者単位で一覧表示を提供することも、将来的には予定しています。

さらに、ID-Linkは、「在宅医療・介護向け多職種コミュニケーションサービス」との連携を進めており、地域医療連携に加え、在宅医療・介護も含めた地域包括ケアシステムの実現をICTで支援していきます。

地域医療連携ネットワークサービス ID-Link

前へ

  • 1
  • 2

いかがだったでしょうか?

次回(1/30公開予定)は、同じくQuality of Life編から「未来に向けて」をお届けします。

社会価値創造レポートの全文をお読みになりたい方は、こちらからダウンロードをお願いいたします。

ダウンロード