image1

急がれる医療改革
医療従事者の負担はICTでいかに軽減できるか

社会課題と、それに向けた世の中の動き、NECの取り組みや提案をまとめた「社会価値創造レポート」は、もうご存じでしょうか?
今回はその中の「Quality of Life」編から「NECの取り組み」をピックアップしてご紹介します。
今回のテーマは「院内・外の連携強化が医療従事者の負担を削減」です。


病院内連携を支援する医療情報ソリューション MegaOak

ここまで述べてきたように、医療データを活用した医療・介護の課題解決への取り組みが進められています。これには「病院内の連携」、「医療機関の連携」、そして「医療・介護の連携」が必要です。
「病院内の連携」を支援するためにNECが提供する「MegaOakHR」※は、患者の病状や治療経過等の多様な診療情報を電子的に保存し更新するとともに、保存された情報の検索・分析、閲覧等の機能を有しています。

診療の現場では、患者の身体所見の変化とともに、検査データや治療結果・指示内容・診療記録などの遷移を時間経過とともに見たいというニーズがあります。MegaOakHRの機能である「モニタリングシート」は、患者のモニタリング項目を自由に設定し、バイタル・検査データと関連づけて時系列での表示が可能です。また「ヒストリーマップ」は、各部門システムの大量の情報をわかりやすく束ねて保管し、長期にわたる患者の経過を必要な時に素早く参照できます。院内に散在する記録や文書、PDFファイルなどの膨大な情報をキーワードで検索できる「全文検索」は、カルテ情報はもちろん、ガイドラインや院内マニュアルの検索にも活用されています。

これらにより、医師は必要なデータがどのシステムにあるかを意識することなく診療に集中できます。さらに収集・蓄積されたデータを、業務改善や病院経営、臨床研究に活かす取り組みも行われています。「AI技術+データ」での現場のサポート、現場の負担軽減、ノウハウ継承・継続的改善などの支援について、NECは検討を進めています。

データの利活用においてセキュリティーの確保は極めて重要です。特に電子カルテには患者の診療情報という繊細な個人情報が含まれているため、適切なセキュリティー対策が求められます。NECでは、安心してデータを利活用できる環境を整えるために、「情報セキュリティーポリシー策定支援サービス」や「仮想デスクトップサービス」など、データの安全・安心を担保するための医療機関向けスマートセキュリティーを提供しています。

医療情報システムMegaOakシリーズが提供するソリューション
  • MegaOakHRは、各社の部門システムとのインタフェースにより、病院内の情報統合をサポート。主に中~大規模病院向けの電子カルテシステム

  • 1
  • 2

次へ

社会価値創造レポートの全文をお読みになりたい方は、こちらからダウンロードをお願いいたします。

ダウンロード