社会価値創造レポート
Lifeline Infrastructure

新興国の渋滞解消に不可欠な
新たな取り組み

このレポートをPDFでダウンロード

世界で加速する人口増加、都市への人口集中などにより、新興国の交通渋滞は深刻な問題になりつつあります。経済的・時間的なロスはもちろん、大気汚染や地球気候変動の要因ともなっており、この先、都市の交通インフラ設計において重要な課題となることは間違いありません。こうした流れを受けて現在、世界各地で進められているのが、交通渋滞の課題を解決する「次世代交通インフラ」の開発と導入です。次世代交通インフラは、高い費用対効果と低い環境負荷を実現しながら、都市の住民にスムーズで安全な移動手段を提供します。
そしてその要となっているのが、最先端のICTです。NECは、日本国内はもちろん、アジア、欧州など世界各地で、現地の企業などと連携しながら、ICTを活用した次世代交通インフラを提供しています。既に国内やいくつかの国では、NECが提供したシステムの導入により、渋滞の解消だけでなく、事故時の早期対応や利用者にとって安全で安心な移動を実現しています。本レポートでは、これまでNECが培ってきた交通インフラでのネットワークやシステムに関する先端的な技術や取り組みについて紹介します。

社会価値創造レポート「新興国の渋滞解消に不可欠な新たな取り組み」を3回に分けて掲載させて頂きます。

このレポート(完全版)をPDFでダウンロード

社会課題とそれに向けた世の中の動きのほか、NECの考え方や取り組み、提案などをまとめた「社会価値創造レポート Vol.2」がダウンロードいただけます。

ダウンロード

関連リンク:

他のカテゴリのレポートを読む

NEC Vision Book 2017を読む

社会価値創造のビジョンや取り組みについて、より詳しい内容をご覧いただけます。是非ご一読いただければ幸いです。