image1

経営のデジタルトランスフォーメーションを実現するNECの総合力

人・モノ・コトを賢く「つなぎ合わせる」

実世界の出来事をデジタル化すると、そのデータは莫大な量になります。このままサイバー世界に取り込んでも、それだけでは人・モノ・コトをつなぐことはできません。デジタル化された多種多様なデータを取り込み、素早く分析し、人に内在する情報まで理解することで、今までつながっていなかった人・モノ・コトを新たにつなげ、すでにつながっている人・モノ・コトも新たな意味性を付加して賢くつなげる。これをNECでは「つなぎ合わせる」とよんでいます。

人・モノ・コトを賢くつなぎ合わせるために、IoT技術と高度な通信インフラ、およびAI技術が不可欠です。NECは、約40年前からC&C(コンピュータとコミュニケーションの融合)を唱え、DXで必要とされる技術領域において実績を積み、先進性で世界をリードしてきました。

IoT技術と通信インフラにより、実世界での大量な出来事をデジタル化し、セキュアで高速な通信ネットワークを介してサーバに蓄積。AI技術により、集められた大量のデータを関連づけ、見える化、分析し、対処方法を特定します。NECではこれをICTプラットフォーム「NEC the WISE IoT Platform」や、AI技術群「NEC the WISE」で提供しています。さらに、今後大量のデータを高速に処理する必要が生じることを想定し、その処理速度を飛躍的に向上させるベクトル型コンピュータや顔認識の速度を飛躍的に向上させる専用ハードウェア・アクセラレータの開発にも取り組んでいます。

しかし、これだけではDXに向けた技術基盤が整ったに過ぎません。NECにはこれまで培ってきた企業・産業、都市などの幅広い分野での実績・ノウハウをもとに整備されたアプリケーションと、課題発見から解決、フォローに至るまでをトータルでやりきることができる人材・プロセスが整備されており、それらから必要な要素を組み合わせることで、お客さまに合わせた価値提供を行うことができます。

NECは、デジタル化された実世界での多種多様な情報を活用して、次世代の経営に必要なリソースを新たにつなぎ合わせ、企業・産業、都市、人に活力を生み出すサステナブルな社会を実現します。

NEC the WISE IoT Platformラインアップ

image2

※1 Business Intelligenceの略

個人と社会の安全・安心を実現するNECの顔認証技術

顔認証専用サーバNeoFace Accelerator Platformを新たに開発。NECの誇る世界No.1(※1)顔認証AIエンジンであるNeoFaceを大幅に高速化します。
NeoFace Accelerator Platformはハードウェア・アクセラレータNeoFace Acceleratorを搭載し、従来のソフトウェア処理に比べて、コストと消費電力を低減しました。さらに、高精細4K(※2)カメラでのリアルタイム顔認証も実現します。

※1 世界的権威のある米国国立標準技術研究所(NIST)による初の動画顔認証の評価プログラムにおいて最高評価を獲得。静止画に続いて4回連続の世界第1位評価獲得。

※2 4K:3840×2160pixel、2K=FullHD:1920×1080pixelの4倍

image3

関連リンク