image1

GEデジタル 様

NECとGE、IoT分野で包括的な提携、産業領域での持続的成長へ貢献

社会を支えるインフラや産業領域において、いかに生産や運用の効率を高め、持続的な成長を得るかが課題になっています。これまでの数十年の経済成長とともに、交通手段が発達し、通信網が整備され、資源・エネルギー開発が進み、様々な領域での生産や運用の効率は高まりました。一方で、それを実現するエコシステムは拡大し複雑になり、さらなる効率化が難しくなっています。

このような課題に対し、NECは、従来からAI技術やセンシング技術を活用して、さまざまなセンシングデータをもとに運用面における効率化に取り組んできました。
例えば、発電所の運用において、運用データと複雑な付帯条件から発電所の状況を把握・予測し、発電効率の向上を図る取り組みや、コンビニエンスストアの過去の販売実績、商品廃棄数、気象予報、キャンペーン情報など多様なデータの相関関係を解析することで、日配品の商品ごとの販売数を予測する取り組みなどです。
このような経験から、NECは、AI技術やデータを活用した運用効率化や付加価値向上のためには、現場における運用に関する知見が必要であると考えました。

そこでNECは、ものづくりや社会インフラなどさまざまな産業機器を扱い、それらの運用に関する知見も豊富なGEデジタルと包括的な提携を締結しました。

GEは航空用エンジン、石油・ガス精製工場、発電所のタービンなどさまざまな産業機器を扱っています。これらの機器の製造や運用の効率を上げるために、GEは産業機器とデジタル技術の融合を進めてきました。例えば、航空用エンジンに多数のセンサーを取り付け、収集したデータをもとにパーツ交換の必要性を分析し、保守やメンテナンスの効率化を実現しています。この実現のために、GEは機器の構造や運用環境をデジタルの世界に再現してシミュレーションする仕組みである「デジタルツイン(※1)」を活用しています。GEが提供する産業向けIoTプラットフォーム「Predix」(※2)は、こうした環境を世界中で利用可能にしています。

NECはGEとともに、最先端のAI技術群「NEC the WISE」の要素技術の一部をPredix上で扱えるサービスとしてグローバルに提供していく予定です。その第一弾として、AI技術の一つである「物体指紋認証」を活用した画像認識サービスを、Predixのマイクロサービスとして提供を開始しました。

物体指紋認証とは、製品や部品の表面に製造工程で生じる微細な紋様の違いを認識することで、人の指紋と同様に、部品などの個体を識別することできる技術です。この技術を活用することで、これまでバーコードやRFIDを付けることが困難であった部品の個体毎の管理が可能になります。さらに、この物体指紋認証と、デジタルツインが組み合わされることで、個々の部品が製品に組み込まれたのちに起こり得るさまざまな状況を予めシミュレーションし、その結果をもとに対処することができます。たとえば、部品の劣化が予見される場合に交換を促す、といった対応です。また、万一リコール問題などが発生した場合には、問題の対象となる部品を迅速に把握することで、対応時間とコストを大きく削減する効果が期待できます。

NECとGEの提携による効果は、製造過程への付加価値提供に留まりません。製品を出荷し、お客さまへ届けるまでの、設置工事や機器調整のエンジニアリングを含むサプライチェーン全体の効率化も実現します。GE自身も、世界百数十カ国に保持しているサプライチェーンをPredix上のアプリケーションで管理しています。現在、NECは自社の海外のサプライチェーンに、GEが取り入れているPredixの仕組みを一部導入し、その効果を検証しています。また自社に導入した後の、運用保守体制をNEC社内に構築するとともに、Predix開発者もNECグループ内で育成し、グローバルなIoTプラットフォーム導入で培った知見を、同様な課題に取り組む企業へ提供していきます。

NECとGEは、今後も産業とICTを組み合わせ、新たな価値を実証し、企業の生産や運用効率を高め、社会を支えるインフラや産業領域における持続的な成長の実現に貢献します。

※1 物理世界のシステムや活動を、デジタル上へリアルタイムに(双子のように)再現し、その制御や管理をシミュレーションすることで、実現可能性やより良い方法をスピーディーかつ安価に可視化するための手法。

※2 GEデジタルが開発したアプリケーションを機器と接続し、データ収集や分析を行うことで機器の性能向上や製造プロセスの全体最適化を行う産業向けクラウド・プラットフォーム。

パートナーからの声

image2

ジュリアン・ローレン氏GEデジタル Director of Strategy & Innovation for Ecosystem and Channels

GEにとってNECは、システム・インテグレーションに関する深い専門知識とAIやIoTなどの先進技術で豊富な経験を持っている強力なパートナーです。特にNECのセンシング技術や受賞歴のある顔認識技術に価値を感じています。NECの技術を活用することにより収集した識別情報をはじめとするデータと、GEのIndustrial Internet of Things (IIoT)プラットフォームであるPredixから得たデータをつなぎ合わせることで、因果関係を迅速に把握し、トレードオフを評価し、高度な意思決定を支援することができます。共同で行ったデモンストレーションではさらなるコスト削減への可能性が開かれました。今後もNECとのパートナー関係を活かして、グローバルで産業領域の効率性と生産性を新たなレベルへリードしていきます。