image1

カゴメ 様

農業の可能性を広げる、カゴメとの共創

トマトは世界で最も消費されている野菜ですが、急激な人口の増加に伴う需要増加にどう対応するのかが、生産者と加工品メーカーの大きな課題となっています。さらに近年は、温暖化などの影響から気象が大きく変動し、収穫量の見通しを立てることが困難になっています。

そこでNECとカゴメはICTを活用して、農場に設置した気象や土壌の変動を計測する各種センサーや人工衛星・ドローンから得られる情報と営農環境などの自然環境下の膨大な農地情報を空間的にも時間的にもすべて数値化し、コンピュータ上に仮想圃場を生成。
この仮想圃場であらゆる生育シミュレーションを行った結果から、最大限効率的な栽培をするための最適な解を導き出し、将来の収穫量・収穫適期も正確に予測する、露地栽培向け「海外大規模農場分析ソリューション」を新たに開発しました。

実証の第一弾として、カゴメの現地子会社のあるポルトガルのトマト圃場で、本ソリューションを活用した実験を行いました。この結果、圃場ごとの差異を分析して個々に最適な栽培方法を見つけ出し、また収穫量および収穫適期の正確な予測という成果を得ることができました。実証実験は継続されており、今後も加工用トマト栽培技術の向上に取り組んでいきます。

本ソリューションは作物の生育レベルや環境条件をふまえた科学的なモデリングによって、新たな地域・作物においても早期かつ高精度な生育シミュレーションを可能とします。

通常、農業の生産改善には長い時間がかかる手法が一般的です。しかし、本ソリューションとNEC独自のビッグデータ分析技術に加え、農業ICT領域ですでに実績を持つ先進企業や研究機関とも連携することで、予測から対策までの期間を短縮しています。高精度シミュレーションによって地球規模で広がる気候変動や、食の安全と安定的な供給をめぐる社会課題にも柔軟に対応できる農業が実現します。

また、このソリューションは安定的な生産を可能にするだけではなく、今後サプライチェーンの最適化にも大きく貢献します。たとえば収穫時期がほぼ同じである場合、運搬能力の限界から時間経過で廃棄されてしまう作物が大量に発生するところを、トラックの搬送作業の効率化や、農家の収穫のピークが重ならないよう調整するなどの搬入計画の見直しにより、ジャストインタイムで全体最適化することにつながります。

NECは、今回カゴメと共同で開発したこの海外大規模農場分析ソリューションを展開し、サステナブル(持続可能)な農業を実現していくと同時に、サプライチェーンの最適化にも貢献し、サステナブルな社会の形成に向けて尽力します。

お客さまからの声

image2

カゴメアグリビジネス研究開発センター代表
カゴメ グローバルトマト事業部 部長

中田健吾氏

NEC独自のビッグデータ分析技術は、農業の発展に広い見識を提供しています。
農場に設置されたセンサーやドローン、衛星などで収集したデータをもとに、あらゆる農地情報の可視化をはじめ、生育シミュレーションの実施と最適な栽培方法の提案をしてくれています。
直近の実証実験では、農地情報の分析に基づいた栽培方法の実践で、他の農地と比較し収穫量が10%向上という成果が出ています。
今後は、肥料や水の消費量を抑えながら収穫量を10%以上増やしていく計画です。

関連リンク