image1

日揮 様

日揮とNEC、安全で効率的なプラント運転に向け協業サービスを開始

昨今、国内外のエネルギー・化学業界は、先進国ではプラントの長寿命化、プラント運転員の高齢化が進む中で、プラントの安定・安全運転を維持しつつ、メンテナンスコストを含めた運転コスト全体の低減をいかに進めるか、新興国では熟練したプラント運転員の確保が難しい状況の中でいかにして安定・安全運転を維持し、効率的なプラント操業を行うかが喫緊の課題となっています。

このような状況の中で、プラント運転におけるAI・IoT技術の活用に対し大きな期待が寄せられています。

この課題に対し、NECはエネルギー・化学プラントの設計・調達・建設において豊富な実績を誇る日揮と協力し、「プラント運転データ解析サービス」をスタートしました。

日揮のプラントエンジニアリング技術と、収集したデータの相関関係から通常運転時との違いを予兆段階でいち早く検出する独自のAI技術「インバリアント分析」を組み合わせることにより、プラント全体の広範囲な時系列運転データの解析を行い、異常検知の自動化により深刻なトラブルを未然に防止しプラントのダウンタイム削減に貢献しています。

NECはこれからも継続して日揮と協力し、2年以内に国内外で30プラントへのサービス提供を目標として展開してまいります。
また、今後もNECの持つ最先端のAI、IoT技術と豊富な実績を活かし、自社ソリューションの提供だけでなく、パートナー企業と共創していくことで社会課題に向き合い、サステナブルな社会への成長を支えていきます。