image1

医療法人社団KNI 様

医療法人社団KNIが目指す病院運営改革をNECのAIが支援

超少子高齢化の進展に伴い今後、医療の財源不足と人材不足はより深刻化します。限られた人材と財源で患者の増加と多様化するニーズに対応するためには、徹底した業務の効率化と医療の質の向上が必要となります。
医療法人社団KNI理事長の北原茂実氏は、医療を生活全体に関わる「総合生活産業」と再定義し病院自体も徹底的にデジタル化し、AIがデータに基づいて適切な診断や治療のサポートを行うことで、医療の質の向上と業務効率化を可能とするデジタルホスピタル (※1)へと進化させることを目指しています。
NECは、北原氏が進める医療改革の共創パートナーとして、病院運営を効率化するAIを共同で研究しています。共同研究では、医療法人社団KNIの急性期病院である北原国際病院において、NECが病院スタッフとともに、医療現場の改善箇所を検討・抽出しました。そして、経営上、影響がある入院期間の短縮をターゲットに、退院を遅らせる要因を過去の電子カルテデータから分析、改善効果が高い2項目の解決を目指しました。
1つ目は、入院患者の早期退院調整支援です。入院直後から予後予測による退院調整に着手することで、早期退院が可能となり、患者の日常生活への早期復帰を促すとともに、入院が必要な他の患者のための病床確保を行うことも可能となります。
2つ目は、入院患者の問題行動(不穏行動)の予兆検知です。入院患者の不穏行動は、ベッドからの転落や点滴チューブの抜去などにつながる可能性があり、退院が遅れるのみならず医療事故につながる場合もあります。患者の脈拍や体温など複数の情報をモニタして不穏行動の予兆を検知し、看護師へ通知することで、容体が深刻化する前に対処を行うことができます。
こうした対応は、これまでは熟練スタッフの経験を頼りにしてきました。今後は、AIで支援することにより、経験の浅いスタッフでも対応できるようになり、医療従事者の負担軽減と病院経営の効率化の両立を目指します。 医療改革の次のステップとしては、2017年12月に開院される東京都八王子市にある北原リハビリテーション病院新棟にて、回復期病院の課題解決に向けた取り組みを行う予定です。NECは医療改革の共創パートナーとして、AIやIoTなど先進のICT技術を進展させ、未来の医療と人々を支えるシステムの構築を目指します。

※1 完全にデジタル化された病院で様々なカメラやセンサーが仕組まれ、AIによって適切な診断や治療が提供されることにより、医療の質の向上と業務の効率化が可能となる。将来的には施設自体が患者さんの状態を把握し、自動的に視覚、嗅覚、触覚など五感に適切な刺激を与えることで、治療、ケアを行うシステム開発を目指している。

関連リンク: