image1

KDDI 様 と 大林組 様

5Gを活用したICT施工の実現に向けた実証実験を実施

NECとKDDI、大林組は、5Gを活用したICT施工の実現に向けて、建設機械による遠隔施工の実証実験(※1)を行っています。

地震や台風、局地的な大雨などによる災害復旧現場では危険を伴う作業が多いため、建設機械を遠隔操作する無人化施工システムが導入され、現場作業員の安全確保をすべく環境改善が進められています。また、熟練工不足をICT技術でカバーすることで、高品質な施工を目指しています。
今後同システムに5G技術を活用することで、無人化施工システムの遠隔操作の施工効率を向上させ、高品質な施工の実現が可能となります。

この実証実験では、現行の建設機械遠隔操作システムに、5G技術を組み合わせて検証を行います。5Gは、既存のLTEやWi-Fiのネットワークと比較して、大容量な高精細映像も低遅延で高速伝送が可能です。 遠隔操作する作業員は、建設機械から送られてくる高精細映像を元に、実際に現場にいなくても現場状況を適切に把握することができるようになります。

また、映像が低遅延で作業員に伝達されるため、建設機械の位置や向きを変更するといった操作も、リアルタイムで行えるようになり、作業性の改善による施工品質が向上することが期待されています。

3社は、実証実験を通して、5Gを活用したICT施工の実現に向けて「建設機械の無人化」「リアルタイム遠隔施工」など高度な建設技術の実現を目指しています。

また、NECは今後も5Gを連携させた高度なソリューションを開発・提供することで、通信の高度化やサービスの高度化・多様化の実現に取り組んでいきます。

※1 総務省の5G総合実証試験として実施します。

image2