ケーススタディ

スピーディな情報共有で、店舗・本社の業務を革新

カナダ クシュタール様

販売や在庫データなど、店舗・本社間でリアルタイムに情報連携。
ITサービスLCMモデルの実現により、店舗経営と本社のオペレーション業務を効率化

世界中にコンビニエンスストアを展開している大手企業クシュタール(Alimentation Couche-Tard)では、Mac’sブランドで展開しているプライベートオーナー店を対象に、店舗システムの統合化と標準化を決定。パートナーとして選ばれたNECは、POSシステムやソフトウェアの提供をはじめ、システム構築を幅広く支援しました。統合化したシステムでは、店舗と本社の双方で、販売や在庫など各種データのリアルタイムな共有を実現しています。この新たなITサービスLCMモデルによって、店舗では日々の売上げや経営効率が向上。一方本社では、各店舗に対する適切なオペレーションやタイムリーなサポートが可能になりました。


統一されていないシステムは、店舗オーナーにとっても
本社にとっても大きな課題でした

カナダに本社にあるAlimentation Couche-Tard(クシュタール)は、Mac’s、Becker’s、Circle Kなどのブランドで、北米で7,000店以上、世界各地では16,000店以上のコンビニエンスストアを展開しています。多くの店舗を運営する中、クシュタールではある課題を抱えていました。それは、Mac’sブランドでプライベートオーナーが経営する加盟店の、店舗システムでした。小売店向けの古い機器を使用するなど、店舗ごとのシステムが統一されていないため、店舗で売上げや在庫情報などをすばやく把握することが難しく、経営効率も良くないという現状がありました。一方、本社でも店舗ごとの販売状況や実態がつかみにくく、店舗に対してタイムリーな支援や適切なアドバイスができないことが悩みでした。こうした状況の解決に向けて、新たな取り組みが急務となっていたのです。

店舗・本社間で多彩な情報をリアルタイムで
共有できるシステムの統合化・標準化をNECが支援

効率的な店舗運営と適切なサポートを実現するために、クシュタールでは店舗システムの統合化と標準化を決断。その新たなソリューションのパートナーとして、選ばれたのがNECでした。その理由は、長年培ったコンビ二エンスストア業界の実績とノウハウ、丁寧でキメ細かなサポート力でした。NECではPOSシステム、ストアソフトウェア「Stanchion®」の提供とともに、ニーズに応じた柔軟なカスタマイズや保守サポートなど、新たなシステム構築を幅広く支援。また、Mac’sのICTパートナーであるGexin Inc.のセキュリティ・レポートシステム(本社と店舗間のデータ通信の安全性を管理するシステム)と連携したネットワークを構築しました。さらにNECでは、新システムに対するオーナー教育とともに、運用後は24時間365日のサポート体制で店舗経営者の方々を支援しています。

新たなITサービスLCMモデルは、店舗の経営効率化と
本社のオペレーションの向上を同時に実現

店舗システムの統合化と標準化を実現した新たなITサービスLCMモデルは、店舗と本社の双方にさまざまな成果をもたらしています。店舗では、商品の販売や在庫状況のすばやく正確な把握によって、顧客ニーズへの柔軟な対応が可能になりました。また、日/月/年ベースの販売データの活用することで、継続的な視点に立った経営戦略も立てられます。一方、本社側では、各店舗からリアルタイムで収集される売上げや在庫などのレポーティングデータをもとにしたモニタリングによって、各店舗に応じた適切なオペレーションやタイムリーな店舗支援が行えるようになりました。クシュタールでは、まずこうしたITサービスLCMモデルを、Mac’sブランドの150店以上へと展開する予定で、その後300店舗への拡大も視野に入れています。NECはグロバールな実績を強みとして、今後もStanchion®を活用したITサービスLCMモデルの提供を通じて、北米におけるリテール業の成長に貢献していきます。

NEC Vision Book 2017を読む

社会価値創造のビジョンや取り組みについて、より詳しい内容をご覧いただけます。是非ご一読いただければ幸いです。