ケーススタディ

より魅力的で安全な街に――。
都市の進化をICTで支援

スマートシティの実現

世界の主要都市で、スマートシティの計画・設計・実行をサポート。
安全・安心、そして魅力的な街づくりに貢献しています

スマートシティという新たな都市づくりのコンセプトが提唱されたばかりの頃、この概念は「ICTを用いて省資源化を図った環境配慮型都市」として、人々に認知されました。しかし近年、世界各国では都市への人口の集中が加速しており、犯罪や交通事故を防止するためにもICTを賢く活用していこうという取り組みが広がりつつあります。
環境に配慮しながら人々の安全・安心を担保し、継続的な経済発展を目指す――。こうした目標を掲げるスマートシティのプロジェクトは現在、世界中で進められています。NECは、IoT、映像解析、クラウドコンピューティングなどの情報通信技術で、各国の都市住民に安心・快適なライフスタイルをもたらす、魅力的な街づくりに貢献しています。


都市への人口集中で、交通や治安の問題がますます深刻化

世界で進行している、都市への急速な人口集中――。これによって交通渋滞や環境汚染、治安悪化などの問題が深刻化しています。テロのような組織的犯罪の増大も、懸念されています。
現在、各国が注力しているスマートシティのプロジェクトでも、こうした問題を踏まえた達成目標を掲げて、取り組む事例が相次いでいます。具体的には、資源を賢く利用して都市全体の環境負荷を減らすだけでなく、犯罪の未然防止や交通事故の抑制につながる新たな社会インフラを構築することで、住民の安全・安心を担保し、生活の質を高め、持続的な経済発展が可能な都市づくりを目指そうとしているのです。
このように、スマートシティの概念が「スマートエネルギー」から「スマートモビリティ」「スマートガバナンス」、さらには「スマートなセキュリティ」にも拡大する中で、ICTベンダーには各国の行政機関が抱える本質的な課題を踏まえた解決策を提供することが求められています。

オセアニア、南米、南アジアの3市が選んだパートナーは
「日本のNEC」

ニュージーランドの首都 ウェリントン市は、『ウェリントン2040』という戦略を掲げ、先端技術を活用することで、これからの時代にふさわしい安全でスマートな都市づくりを目指しています。
同市は『ウェリントン2040』の施策のひとつとして、市内を走行するさまざまな車輛の流れを、ICTによって車種別に把握するプロジェクトを立ち上げています。その目的は、膨大な車両走行のデータを収集・分析し、都市開発や道路補修計画の立案に反映させようというものです。
このプロジェクトには、多彩なセンシング技術と高度な解析技術が活用されています。ふたつの先進技術を活用することで、渋滞の緩和、および、事故など緊急時の迅速な対応に役立つことはもちろん、交通量を的確に予測することで効率的な走行ルートのナビゲーションなどが可能になります。また、道路補修計画の適正化や、都市開発における効果的な道路スペースの確保など、行政への幅広い貢献が期待されています。

アルゼンチンのティグレ市とインドのスーラト市では、警察組織の中に治安向上の専門部署を設けるなどして、先進のICTによる安全・安心な街づくりを目指しています。その中核設備として、IoT、顔認証技術などを活用した「街中監視システム」を構築しました。
このシステムは、市内に設置した複数のカメラが撮影した膨大な映像情報を、予め登録された顔写真のデータベースとリアルタイムで照合することで、犯罪者や行方不明者のスピーディな捜索を可能にするものです。
同システムにおいては、ひったくりなどの犯罪事例が多い「バイクの2人乗り検知」や、安全指導を目的とした「ノーヘルメットでの運転検知」、不審車両をいち早く見つける「行動検知」「ナンバープレート認証」、および、過去の犯罪発生地域を表示する「犯罪発生マップ」などの先進機能も導入されました。
これらの機能によって両市は、街中に潜む危険やトラブルを素早く把握し、犯罪の未然防止と解決に役立てています。ティグレ市では車の盗難が約40%低減するなど、顕著な成果が出ています。

先進テクノロジー活用のパートナーとして、
新しい時代の行政基盤実現に貢献し続ける

近年、観光や企業誘致などを目的とした国際的な都市間競争は、いっそう激しさを増しています。つまり世界の各都市は、住民だけでなく観光客やビジネスパーソンにとっても、より安全・安心なインフラを整備していく必要に迫られています。また、限られた予算を最大限に活かして、街全体の魅力を底上げしていくことも不可欠です。
NECは、「コンピューティング」「ネットワーキング」「セキュリティ」のすべての領域で先進技術を有するICTベンダーとして、「安全・安心」と「効率的なサービス提供」という2つの側面から、これからの時代にふさわしい都市・行政基盤の実現に貢献していきます。そして、スマートシティの実現を支える先進テクノロジー活用のパートナーとして、世界のお客様から選ばれる企業であり続けたいと考えています。

NEC Vision Book 2017を読む

社会価値創造のビジョンや取り組みについて、より詳しい内容をご覧いただけます。是非ご一読いただければ幸いです。