ブックタイトルNEC Vision Case Studies and Highlights

ページ
6/44

このページは NEC Vision Case Studies and Highlights の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

NEC Vision Case Studies and Highlights

Internet of Things事例スペインサンタンデール市様サンタンデール市は、社会インフラへのIoT導入に積極的な都市の1つです。同市ではスマートシティプロジェクトの一環として、2014年2月からNECとともに、街中の気温や車のスピード・騒音などのデータをセンサーで収集して、街の状況を見える化するための実証実験を行ってきました。これに続く取り組みが、同市でのゴミ収集管理サービス事業です。これまでのゴミ収集は、決められた一定のルートや時刻に従い収集を行っていたため、量や時間帯に応じた柔軟な対応が課題となっていました。そこで、市内に設置された収集容器にセンサーを取り付け、たまったゴミの量や設置場所などの情報をリアルタイムに収集しました。集められたデータは市内の管理センターで分析され、最適な回収ルートとして収集事業者に伝えられます。街に張り巡らされたセンサーを活用してゴミ収集運用コストとCO2排出量を削減データに基づいたゴミ収集の結果、量の多い容器の回収を優先するといった効率的な運用が実現しました。さらに、作業効率が上がるだけでなく、排気ガスによる環境負荷までも削減されています。今後もNECは、同市をはじめとするIoT関連の取り組みを継続していきます。M2Mセンサー街中に張り巡らされたセンサーから収集されたデータ活用は、M2M(Machine to Machine)センサーやビッグデータ分析、見える化ソフトウェアなど、NECのトータルなICTソリューションで実現しました。IoTシステムを実世界とサイバー世界の両面で守るIoTの発展に伴い、システムはますます大規模化・複雑化し、セキュリティリスクが高まっていきます。従来の対策では、実世界も含めてダイナミックに変化するIoTシステムを十分に守れません。NECでは、システムの動的な変化をリアルタイムにモデル化し、平常時と比較し異常を検知するビッグデータ技術と、異常箇所を自動的に隔離するSDN(Software-Defined Networking)技術とを、プロアクティブなセキュリティと組み合わせる研究に取り組んでいます。この取り組みにより、サイバー攻撃に素早く備える、安全・安心なIoTシステムの提供を目指しています。システム全体のリアルタイムなモデル化による未知攻撃の検知リアルタイムにモデル化隔離の自動化L5クラウドコンピューティングL5クラウドコンピューティングL4広域ネットワークL4広域ネットワークL3エッジコンピューティング比較による問題箇所の発見L3エッジコンピューティングL2近距離ネットワークL2近距離ネットワークL1デバイスコンピューティングL1デバイスコンピューティング平常動作モデルの自動生成6